マレーシアの医療・クリニック・病院・医療ITブログ

マレーシアの医療情報・クリニック・病院・医療ITなどの情報を提供していきます。 マレーシアを中心に身近な医療情報や医療ITなどをブログで紹介していきます。 マレーシア医療情報サイトはこちら→http://www.owg-p.com/ 運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD http://www.owg.asia

マレーシアの医療情報・クリニック・病院情報・医療IT・医療インフラ構築などにご興味がある方や現在事業を展開されている方、今後マレーシアで事業展開を考えている方は是非お気軽にご連絡ください。
連絡先:E-mail info@owg-p.com 
マレーシア医療クリニック病院情報サービス 
http://www.owg-p.com/
運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD
http://www.owg.asia

歴史

なぜマレーシア人は親日なのか?

私の会社は、クアラルンプールのBukit Bintang(ブキビンタン)というところにあります。今年に入ってからローカルのスタッフも採用し、少しずつですが会社らしくなってきました。
 
最近、マレーシア人のスタッフにマレー語を教えてもらいながら、こちらも日本語を教えてあげるというチャットクラスみたいなことをやっています。場所はKLCC(ツインタワーがあるところです)のスターバックスで、毎回チャットクラス前にスタバの無料wifiを利用して調べ物などしてます。
 
余談ですが、マレーシアはFree wifiのカフェ(無料でwifiを利用して自分の携帯・パソコン・タブレット等でインターネットが使えるカフェ)が多く、どこにいても快適です。日本は契約していないと使えなかったり、登録が必要だったりしますが、こちらは何も面倒な手続きはありません。びっくりするくらい汚い町のレストランや喫茶店でも壁にID・PASSが貼ってあり、簡単にインターネットができてしまうのです。最近マレーシアで起業を考えている日本人やIT企業の方とよくお会いしますが、皆さん最初はオフィスレスで街のカフェにPCを持ち込んで仕事をすることを考えてるようです。


今日もチャットクラスがありましたが、いつも混んでいるKLCCのショッピングモールはガラガラ。
実はマレーシアでは今日から断食が始まり、マレー系のマレーシア人は約1ヶ月間、日の出から日の入りまで食べ物・飲み物を口にしません。(妊婦さんや生理中の女性は期間中に断食する必要はありません)

日中からだを動かすとお腹が減ってしまうので、お休みの日はできる限り家にいる人が多いみたいです。当然ですが、スタバにはムスリムの人(イスラム教徒)はほとんどいませんでした。ただ、友人のムスリムに聞きましたが、人のいないところで隠れて水分補給をする人は結構いるみたいです(笑)


最近、現地人の部下や友達ができ、少しずつですが彼らの文化や風習、考え方が分かってきて本当に面白いです。

特にいろいろな人に話しを聞いて面白いのは、マレーシア人が外国人に対して抱いている感情。私は日本人なので、特に日本人に対してどう思っているかを聞くと興味深い話がたくさん出てきます。こちらに来ている日本人として勝手に思っているのは「多くのマレーシア人は親日感情を持っている」ということです。

先日、こちらのベンチャーキャピタルや投資銀行等の現地企業と打ち合わせをしたのですが、なんと複数の担当者の方の兄弟が日本に留学をしていました。留学先を選ぶ際、自分達が嫌いな国には行かないと思いますので、やはり日本に対するイメージはいいのだと思います。

また、先日シャーラムという地域で開催された盆踊り大会では、マレーシア人を中心に約4万人が集っていました。

↓盆踊り大会に来ていた浴衣を着た現地の女性

bonodori


「マレーシア人はなぜ親日なのか」

これは様々なところで議論されていますが、実際にマレーシアに来て日々現地人と話をしていて自分なりに理由が何なのかわかってきました。

【 マレーシア人が親日な理由その1 】 
第二次世界大戦時日本はマレーシアを占領し、今までイギリスの植民地下で、ある意味のんびりと守られてきたマレーシア人に対して、日本流の厳しい教育の提供・勤勉を求める仕事の仕方を持ち込み、マレーシア人の意識変化のきっかけを作る。その後日本は戦争に負けマレーシアは再びイギリスの植民地になるが、マレー作戦により絶対的存在だったイギリス軍が負けたことも影響し国内で独立を求める声が高まり最終的に独立。独立のきっかけは日本の占領であったと考えるマレーシア人が多い
(戦争を経験した複数の現地人談。ただし当然の話だが一部の現地人は今でも強い憎しみを持っている人も)

【 マレーシア人が親日な理由その2 】 
元首相のマハティールが、首相就任前に共に働いてきた三井物産元常務の故鈴木一正氏の日本人としての考え方・働き方を見て感銘を受け「ルック・イースト・ポリシー(東方政策)」を掲げ、22年もの間その方針で国を変革してきており、国民にも “お手本としての日本” という考えが根付いている

【 マレーシア人が親日な理由その3 】 
若い世代を中心に、マンガやアニメなど日本独自のコンテンツの人気がいまだに強く、日本という国に対し親しみを感じている


今のところ日本人だからビジネスで苦労したということはありません。むしろ日本の話題がアイスブレイクになり商談がスムーズに進むことのほうが多いです。

少し長くなりましたが、久々にこのブログで医療・介護・高齢化・IT以外のテーマでブログを書きました。

ちょっと私のブログの題名とはかけ離れてると思われるかもしれませんが、マレーシアで医療や介護のテーマでビジネスをする上で、この国の文化・風習や国民の考え方を深く理解することはとても重要なことだと考えています。

私はマレーシアが大好きです。 気候、食べ物、人、緩やかな経済成長、様々なものが完成されていないところも含め全部好きです。好きなので興味がありこちらでの活動は全く苦になりませんので、今後もアンテナをはってできる限りマレーシアの全てを把握・理解しできるようにしていきたいと思います。


===================================================================
   私のブログは「ブログランキング」に参加しています。下記の3つのバナーを
  クリックしていただけるとこのブログがランキング上位に上がります。
  是非クリックして応援してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ                 

マレーシア 日本 違い 比較 クアラルンプール ペナン ジョホール ブログ 掲示板 口コミ 情報 医療 医療事情 介護 介護事情 高齢化 老人 メディカル 薬 製薬 起業 ビジネス IT企業 ネット環境 シェア モバイル PC スマートフォン インターネット WEBサイト マレーシアの医療事情 マレーシアの病院 評判 ランキング 市場 データ 調査 政策 立ち上げ 医療ツーリズム メディカルツーリズム 新薬 ジェネリック 経営 高齢者 東南アジア アセアン ASEAN 高齢社会 Malaysia Kuala Lumpur medical nursing care nursing home 
MARY WONG Malaysia Healthcare Travel Council  マレーシア医療旅行評議会 Ministry Of Health マレーシア・マイ・セカンド・ホーム・プログラム 長期滞在 ロングステイ KPJヘルスケア 病院大手 大手病院グループ 老人ホーム開設 高齢者施設開設予定 インドネシア 病院 オーストラリア 視察 視察アテンド 通訳 医療通訳 リサーチ 現地調査 ペナン島 ヘルスツーリズム 健康診断 メディカルチェック ヘルスチェック 検診 親日 何故親日 アジア 東南アジア ASEAN 病院視察 介護施設視察 老人ホーム視察 介護研修 看護師研修 海外研修 アジア研修 アジア旅行 アジア視察 病院見学 施設見学 アレンジ アテンド 現地語通訳 視察ツアー 視察旅行 旅行代理店 マレーシア クアラルンプール イポー ジョホールバル ペナン島 ランカウイ インドネシア ジャカルタ メダン スラバヤ タイ バンコク プーケット アユタヤ チェンマイ シンガポール オーチャード チャイナタウン リトルインディア ゲイラン ベトナム ハノイ ホーチミン フィリピン マニラ 韓国 ソウル 釜山 中国 上海 北京 台湾 台北

フェイスブックのページも立ち上げました。是非ご訪問ください。  
http://www.facebook.com/MalaysiaMedical 

過去の記事はコチラ↓

ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアがアジアワースト1に。交通事故による死亡率
アジア各国と比較したマレーシアの平均寿命
マレーシア初の最低賃金制度導入決定
日本の介護・医療は産業構造を変える
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
マレーシアで開催された「健康的な年のとり方フェア」に参加
マレーシアとシンガポールの病院比較 その2
マレーシアとシンガポールの病院比較 その1
マレーシアの最低賃金
マレーシアと日本 医療・病院の違い
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック
======================
=======================================
マレーシア国内(特にクアラルンプール・ペナン)での現地視察をされたい方は
是非ご連絡ください。病院・介護施設・薬局・関連企業等のアポイント取得や
同行、業界専門用語に強い英語・マレー語の通訳等全て当社で手配します。
お問い合わせ先→enchu6★gmail.com (★を@に変えてください)
=================================================================== 

マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)

マレーシアは日本と違い、他民族国家です。

人口の構成はマレー系約65%、中国系約25%、インド系約8%となっています。1795年にイギリスが東洋貿易進出のためにマラッカを獲得しました。その後、そこに住んでいたマレー人の他に各地から民族を入れ、開発をしていきました。

産業ごとに民族を割り振り、その地に住ませたと言われています。

マレー系・・・農業・漁業
中国系・・・商売、錫鉱山の開発
インド系・・・道路開発、ゴム生産

戦後、マレーシアが独立してからも、1つの国に3民族が共に暮らすことになります。マレーシアに来るとわかりますが、もう外国人労働者や旅行者も含め、誰がローカル人(現地人)なのかわかりません。。。

私は、毎週のように医師・看護師・病院長にマレーシアの医療・介護事情についてヒアリングするために病院に行っていますが、病院でも同じような光景を見ることができます。つまり、病院のスタッフがローカル人なのか、国外から出稼ぎなどで来ている外国人看護師なのか区別がつかないのです。

私達日本人がマレーシアで医療を受ける場合、病院のスタッフがどこの国の人かはそこまで重要視しないですが、マレーシアでは外国人看護師の採用がどの程度されているのか調査してみました。

すると下記のようなことがわかりました。

 外国人看護師受け入れ

複数の病院長・看護部長にインド人の看護師(インド系マレーシア人ではなく、純粋なインド人)を受け入れていると聞いていましたが、ここまで多いとは思っていませんでした。

今後なぜインド人の採用が活発なのか調査していきますが、今のところ私が持っている仮説としては、インド人は比較的英語が堪能で人件費も安いこと(病院側として嬉しい)、またインド系マレーシア人がいるため、食や生活が文化的に合っていて過ごしやすく、且つインドよりも看護師給与が高いということ(看護師側として嬉しい) が理由なのかなと思っています。

日本も含めて今後アジア・ASEAN内で人材の流動化が進んでいくと思います。マレーシア人看護師の就職難が起きないようにしながら、外国人採用を進め病院経営コストを抑えていくというバランスのいいマネジメントが求められているように思います。

↓私のブログは「ブログランキング」に参加しています。下記の3つのバナーをクリックしていただけるとこのブログがランキング上位に上がります。是非クリックして応援してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ





マレーシア 日本 違い 比較 クアラルンプール ペナン ジョホール ブログ 掲示板 口コミ 情報 医療 医療事情 介護 介護事情 高齢化 老人 メディカル 薬 製薬 起業 ビジネス IT企業 ネット環境 シェア モバイル PC スマートフォン インターネット WEBサイト 市場 データ 調査 政策 立ち上げ 医療ツーリズム メディカルツーリズム 新薬 ジェネリック 経営 高齢者 東南アジア アセアン ASEAN 高齢社会 Malaysia Kuala Lumpur medical nursing care nursing home 
MARY WONG Malaysia Healthcare Travel Council  マレーシア医療旅行評議会 Ministry Of Health マレーシア・マイ・セカンド・ホーム・プログラム 長期滞在 ロングステイ KPJヘルスケア 病院大手 大手病院グループ 老人ホーム開設 高齢者施設開設予定 インドネシア 病院 オーストラリア  マレーシアの医療事情 現地視察 アテンド 医療通訳 マレー語通訳 料金 価格 格安 マレーシア視察 マレーシア調査 市場調査 アジア 東南アジア ASEAN 病院視察 介護施設視察 老人ホーム視察 介護研修 看護師研修 海外研修 アジア研修 アジア旅行 アジア視察 病院見学 施設見学 アレンジ アテンド 現地語通訳 視察ツアー 視察旅行 旅行代理店 マレーシア クアラルンプール イポー ジョホールバル ペナン島 ランカウイ インドネシア ジャカルタ メダン スラバヤ タイ バンコク プーケット アユタヤ チェンマイ シンガポール オーチャード チャイナタウン リトルインディア ゲイラン ベトナム ハノイ ホーチミン フィリピン マニラ 韓国 ソウル 釜山 中国 上海 北京 台湾 台北

フェイスブックのページも立ち上げました。是非ご訪問ください。  
http://www.facebook.com/MalaysiaMedical 

過去の記事はコチラ↓
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その3
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その2
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その1
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その4
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その3
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その2
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その1
UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その2
UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その1
新年のご挨拶
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアがアジアワースト1に。交通事故による死亡率
アジア各国と比較したマレーシアの平均寿命
マレーシア初の最低賃金制度導入決定
日本の介護・医療は産業構造を変える
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
マレーシアで開催された「健康的な年のとり方フェア」に参加
マレーシアとシンガポールの病院比較 その2
マレーシアとシンガポールの病院比較 その1
マレーシアの最低賃金
マレーシアと日本 医療・病院の違い
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシアの新卒看護師就職難問題
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック

書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」


_SL500_AA300_

「マレーの虎 ハリマオ伝説」
私達の親以上の世代で知られている「快傑ハリマオ」というヒーローの素顔に迫るドキュメンタリー本で、第二次世界大戦中にマレー人の部下3,000人を引き連れて密林を駆け回わり、軍の命令に逆らって民衆と共に戦った日本人の物語が本当に実在したのかを、取材によって紐解いていきます。

1994年に第1刷が出ている古めの本ですが、とても面白い本です。
マレーシアの歴史について調べる時に、たくさんの文献が役に立ちましたが、この本はドキュメンタリータッチに戦時中の日本とマレーシアについて書かれていて、あっという間に読めました。

歴史を知ることができるのはもちろんですが、80年以上も前に日本人がマレーシアに住んでいて(闇の世界ですが)活躍していたというのは自分にとって刺激的で何か勇気が沸いてきました。

そして相当現地化が進んでいて、日本語がカタコトでむしろマレー語をメインに使うようになっても、当時の日本人というのは「日本人魂」を忘れることは無かったという事実を知り、自分も含めた現代の日本人がそうであるのか考えさせられました。

私はできる限り長くマレーシアに住むつもりですが(できれば永住したいです)、やはり医療・介護という分野においてマレーシアに貢献することで、日本とマレーシアの架け橋的な存在になることが理想です。

そうなれるようになるまで、またそうなった時にもマレーシアに住んでいた日本人の先輩であるハリマオのように「日本人魂」を忘れないようにしたいと思います。

↓下記2つのバナーを両方とも押していただけたら明日も頑張れます^^

地域情報(マレーシア) ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

マレーシア 日本 違い 比較 クアラルンプール ペナン ジョホール ブログ 掲示板 口コミ 情報 医療 医療事情 介護 介護事情 高齢化 老人 メディカル 薬 製薬 起業 ビジネス IT企業 インターネット WEBサイト 市場 データ 調査 政策 立ち上げ 医療ツーリズム メディカルツーリズム 新薬 ジェネリック 経営 高齢者 東南アジア アセアン ASEAN 高齢社会 Malaysia Kuala Lumpur medical nursing care nursing home アジア 東南アジア ASEAN 病院視察 介護施設視察 老人ホーム視察 介護研修 看護師研修 海外研修 アジア研修 アジア旅行 アジア視察 病院見学 施設見学 アレンジ アテンド 現地語通訳 視察ツアー 視察旅行 旅行代理店 マレーシア クアラルンプール イポー ジョホールバル ペナン島 ランカウイ インドネシア ジャカルタ メダン スラバヤ タイ バンコク プーケット アユタヤ チェンマイ シンガポール オーチャード チャイナタウン リトルインディア ゲイラン ベトナム ハノイ ホーチミン フィリピン マニラ 韓国 ソウル 釜山 中国 上海 北京 台湾 台北

マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その3
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その2
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その1
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その4
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その3
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その2
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その1
UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その2
UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その1
新年のご挨拶
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアがアジアワースト1に。交通事故による死亡率
アジア各国と比較したマレーシアの平均寿命
マレーシア初の最低賃金制度導入決定
日本の介護・医療は産業構造を変える
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
マレーシアで開催された「健康的な年のとり方フェア」に参加
マレーシアとシンガポールの病院比較 その2
マレーシアとシンガポールの病院比較 その1
マレーシアの最低賃金
マレーシアと日本 医療・病院の違い
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシアの新卒看護師就職難問題 
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック
livedoor プロフィール
記事検索
J-CASTニュース
ギャラリー
  • マレーシア初のジカ熱感染者確認、保健省
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • ドラッグストアにクリニック:イオンが国内初、地場大手と提携
  • ひばりクリニック、ペナンに分院
  • 増える精神疾患の患者数
  • ジフテリア患者は14人...
  • 手足口病が流行、保健省が警戒呼び掛け
  • 水について...
タグクラウド
  • ライブドアブログ