マレーシアの医療・クリニック・病院・医療ITブログ

マレーシアの医療情報・クリニック・病院・医療ITなどの情報を提供していきます。 マレーシアを中心に身近な医療情報や医療ITなどをブログで紹介していきます。 マレーシア医療情報サイトはこちら→http://www.owg-p.com/ 運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD http://www.owg.asia

マレーシアの医療情報・クリニック・病院情報・医療IT・医療インフラ構築などにご興味がある方や現在事業を展開されている方、今後マレーシアで事業展開を考えている方は是非お気軽にご連絡ください。
連絡先:E-mail info@owg-p.com 
マレーシア医療クリニック病院情報サービス 
http://www.owg-p.com/
運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD
http://www.owg.asia

日本人通訳

マレーシア・クアラルンプールの病院で健康診断を受けたら・・・

先日、マレーシア・クアラルンプールの病院で健康診断を受けてきました。いろいろなことが日本と違ってビックリしたことばかり。結果としてはとても満足のいくものでした。

===================================================================
   私のブログは「ブログランキング」に参加しています。下記の3つのバナーを
  クリックしていただけるとこのブログがランキング上位に上がります。
  是非クリックして応援してください!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ                 
===================================================================
フェイスブックページはこちら http://www.facebook.com/MalaysiaMedical 
ツイッターページはこちら  http://twitter.com/MalaysiaMedical

過去の記事はコチラ↓
ジェトロが主催するセミナーでマレーシアの病院・介護施設の現状について講演させていただきました。
マレーシアに住む日本人が2万人を突破!
マレーシアの医療・病院に関する情報サイトを開設しました。
マレーシア病院大手による老人ホーム建設。国内2ヵ所で設立予定
日本と違う!マレーシアの救急車/病院電話番号一覧付
祝!マレーシアが「移住したい国」7年連続No.1に
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その3
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その2
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その1
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その4
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その3
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その2
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その1
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシアの新卒看護師就職難問題  
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック

日本と違う!マレーシアの救急車/病院電話番号一覧付

私は長いことクアラルンプールに住んでいますが、久々にマレーシアでカルチャーショック(?)を受けた事件がありました。

先日、ある日本の病院経営者の方がクアラルンプールの老人ホーム視察に来られていて、現地に住んでいる日本人の高齢者の方がご入居されている施設の見学に同行することになっていました。


時間通りに、見学予定の施設に到着したのですが、何やら施設の庭付近に十数名の人だかりが・・・


よく見ると、人だかりの中央に学生服を着たチャイニーズマレーシアンの女学生が寝かされていて、顔や手から血を流しています。
そこまで大きな切り傷は負っていませんでしたが、どうやら老人ホームの前で車にはねられたらしく、私達がアポイントを取っていた老人ホームのオーナー(医師)が傷口を消毒してあげたり、お水を飲ませてあげたりしていました。

老人ホームオーナーの医師は私達に対して

「施設の目の前で交通事故があり、いま救急車を呼びました。救急車が来るまでは私が付き添っていたほうがいいから、施設見学は10分程度待ってもらえますか?」

と言ってきたので、

「もちろんいくらでも待ちます」

とお伝えし、しばらく現場の様子をうかがっていました。

家が近くだったらしく、女学生の母親が車で到着。
5分程経って救急車も到着。救急隊員らしき方が出てきて、人だかりの中に入っていきました。

「はぁ、良かった。これで安心だ」
と日本からのゲストとホッとしていたのも束の間。

なんと救急隊員は女学生を救急車に乗せずに、車を出して帰っていくではありませんか・・・
そして、すぐその後、女学生は母親の車に乗せられ、どこかに行ってしまいました。


「???」


私達は意味がわからず、ボ~ッと突っ立っていましたが、老人ホームのオーナーで救急車を呼んでいた医師の一言で何が起きていたのかが状況がわかりました。

医師は、

「私は救急車を呼んであげたんだが、その救急車は公立病院の救急車だった。母親は手術の順番待ちで長時間待たされる公立病院を嫌っていて、娘を救急車に乗せるのを拒否した。自分の車で順番待ちの少ない近くの私立病院へ娘を連れて行ったよ」
と苦笑していました。

一同、「す、すごい・・日本と全然違うね・・・」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回はマレーシアの「救急車」について書きます。


マレーシアの救急車















以前「マレーシアと日本 医療・病院の違い」というタイトルで、少しだけマレーシア特有の医療・病院制度について書きましたが、マレーシアが日本と大きく違うところは、政府系の公立病院と民間企業系の私立病院でサービスや患者が支払う医療費が全く違うというところです。

マレーシアには国民皆保険制度は無く、私が勝手にこう呼んでいるのですが「国民皆医療制度」が存在します。公立病院受診者限定で政府の一般財源からのサポートを受けることができ、収入の少ない人でも格安で医療を受けることができるため、実質的に全国民が医療サービスを利用できるようになっています。(近年あまりに一般財源が医療費で圧迫され過ぎて、「1care」という国民皆保険制度を作ろうと政府が計画中)


例えば、KL市内に公立病院でHospital Kuala Lumpur =ホスピタルクアラルンプール、通称ホスピタルバサール(「バサール」とはマレー語で大きいという意味)という病院があるのですが、そこは市民が数十円で診察を受けることができるということもあって早朝から長蛇の列ができています。

公立病院は医療の質自体は低くはないですが、医療をサービスという視点で捉えた時に、待ち時間が長いことや建物が古いことがネックになり、中間層~富裕層に敬遠されています。事実、インドネシアやバングラディッシュから来た労働者を除き、日本人をはじめとする外国人居住者は病気になると、ほぼ100%待ち時間が少なくてキレイな私立病院へ行きます。もちろん私立病院は受診料に対して政府のサポートはありませんので、民間の医療保険等に加入していないと、病気にもよりますが、1回の手術で数十万~数百万円実費で請求されたりします。

冒頭で出てきた女学生&母親も、このことを知っていて公立病院行きの救急車を拒否したわけです。


日本で救急車を呼ぶ時は、普通ダイヤル「119」で呼ぶと思います。
マレーシアではこの日本の共通ダイヤルにあたる番号が「999」。

日本と同じように3桁だけの短い番号となっており、政府が指定している番号です。ただし、これは公立病院行きの救急車しか来ないとされており、中間層以上の国民の多くがこの番号とは別の番号で救急車を呼んでいるのです。(先日999の番号に「公立病院しか運んでくれないのか?」と問い合わせてみましたが、「乗車前に私立病院を指定してくれればそこにも運べますよ」という回答が・・・でもいざという時に運んでもらえなかったら怖いし、試せないですね。苦笑)

では、中間層以上の国民や外国人居住者はどの番号に電話しているのか?

日本人がよく行く病院の救急車呼び出し電話番号を下記に記載します。特にマレーシアにお住まいの方、これから移住される予定の方は記事を読んでいただいたこの機会に携帯アドレス帳に登録することを強くオススメします。事故や急病の時に知らないと本当に困りますので。

【マレーシアで日本人がよく行く私立病院の救急車電話番号一覧】

<KL(クアラルンプール)>
■Gleneagles Hospital Kuala Lumpur
グレンイーグルスホスピタルクアラルンプール
03-7785-1919
プチ情報:KLCC付近の病院。とても信頼できる日本人通訳の方がいます。(私が初めて通院した病院)

Pantai Hospital Kuala Lumpur
パンタイホスピタルクアラルンプール
03‐2296-0999
プチ情報:高級住宅街バンサーエリアの病院。日本語を話せるDr.ラウがいます。

Prince Court Medical Centre
プリンスコートメディカルセンター
03-2160-0999
プチ情報:繁華街ブキビンタン付近の病院。ホテル並み。超ベテラン日本人通訳の方が2名もいます。

■Sunway Medical Center
サンウェイメディカルセンター
012-278-1902
プチ情報:日本人学校から比較的近い病院。超ベテラン日本人通訳(元看護師)の方がいます。

<ペナン>
■Loh Guan Lye Specialist Centre
ローガンライスペシャリストセンター
04-226-6911
プチ情報:日本語が通じるマレーシア人通訳がたくさんいます。CEO(女性)は大の日本好き。

<ジョホールバル>
■KPJ Johor Specialist Hospital
KPJジョホールスペシャリストホスピタル
07-220‐7505
プチ情報:マレーシア最大手病院グループ。日本語が通じるマレーシア人看護師がいます。

※注意1 上記全て救急ダイヤルになりますので、救急では無い場合は利用しないでください(病院談)もし少し時間に余裕があって、どの病院に行こうか迷ったら、私のメールアドレスがこのブログの上のほうに載ってますのでお気軽にご連絡下さい。当たり前ですが、いつもボランティアで、ご希望に合わせて病院をご紹介しています。(たくさん患者さんから感想をうかがいどこの医師がいいとか情報が蓄積されるようになってきました♪)

※注意2 各病院のホームページや日本人会・大使館の情報を中心に救急ダイヤルを掲載していますが、もし誤りを見つけられたらお気軽にご連絡ください。すぐに修正して更新致します。


最近、自分自身が患者としてマレーシア現地の病院にお世話になることもあり、改めて海外で暮らす際に、病院・救急車の連絡先を知っておくことや医療保険に入っておくことの大切さを痛感しています。

今後も数回にわけて、このブログでマレーシアの病院事情詳細(特に日本人通訳・看護師さんがいるところ)や医療保険(現地の民間医療保険・海外旅行保険・海外旅行傷害保険等)についても書いていきたいと思います。

===================================================================
   私のブログは「ブログランキング」に参加しています。下記の3つのバナーを
  クリックしていただけるとこのブログがランキング上位に上がります。
  是非クリックして応援してください!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ                 
===================================================================
フェイスブックページはこちら http://www.facebook.com/MalaysiaMedical 
ツイッターページはこちら  http://twitter.com/MalaysiaMedical

過去の記事はコチラ↓
祝!マレーシアが「移住したい国」7年連続No.1に
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その3
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その2
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その1
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その4
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その3
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その2
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その1
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック
livedoor プロフィール
記事検索
J-CASTニュース
ギャラリー
  • マレーシア初のジカ熱感染者確認、保健省
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • ドラッグストアにクリニック:イオンが国内初、地場大手と提携
  • ひばりクリニック、ペナンに分院
  • 増える精神疾患の患者数
  • ジフテリア患者は14人...
  • 手足口病が流行、保健省が警戒呼び掛け
  • 水について...
タグクラウド
  • ライブドアブログ