マレーシアの医療・クリニック・病院・医療ITブログ

マレーシアの医療情報・クリニック・病院・医療ITなどの情報を提供していきます。 マレーシアを中心に身近な医療情報や医療ITなどをブログで紹介していきます。 マレーシア医療情報サイトはこちら→http://www.owg-p.com/ 運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD http://www.owg.asia

マレーシアの医療情報・クリニック・病院情報・医療IT・医療インフラ構築などにご興味がある方や現在事業を展開されている方、今後マレーシアで事業展開を考えている方は是非お気軽にご連絡ください。
連絡先:E-mail info@owg-p.com 
マレーシア医療クリニック病院情報サービス 
http://www.owg-p.com/
運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD
http://www.owg.asia

医療ツーリズム

アジアの肥満が急増、新たな商機広がる

経済が急成長するアジアの国・地域で、肥満や糖尿病など「欧米型」の健康障害が増え、医療費も膨らんでいる。英調査機関エコノミスト・インテリジェンス・ユニットのリポートによると、アジアの医療費は2017年までに21000億ドル(約230兆円)に達し、世界全体の24%を占める見通しだ。

 

同リポートは、アジアの国・地域の「収入の増加に伴い、教育水準も向上し、健康問題への意識が大幅に高まっている」と背景を説明する。

 

だが、収入が増えるほど、生活習慣病への罹患(りかん)率も増えている。心臓病や糖尿病などの慢性疾患は東南アジアの死因のトップで、世界保健機関(WHO)によると死亡原因の62%を占める。アジアの人々が豊かになり、欧米型のファストフード店舗などが増えたことで、脂肪や塩分、砂糖を多く含む食品の消費が増加。欧米に多く見られる生活習慣病が急増している。

 

■体重管理市場が急成長、医療ツーリズムも

 

Image008

 

マレーシアの病院運営大手IHHヘルスケアのタン・シーレン社長兼最高経営責任者(CEO)は「経済の急成長や富の急増、中間所得層の発展は、どれも医療業界にとって好材料だ」と話す。同社は1月、ミャンマーのヤンゴンに現地パートナーと共同で250床の病院を設立すると発表した。総工費は7000万ドルで、20年に完成する予定だ。

 

ミャンマーの医療・教育システムは50年間に及ぶ軍事政権時代には軽視されてきた。だが、民主化に伴う経済発展で、今後は政府によるこうした部門への支出が増えると期待される。医療需要の高まりは、技術革新を促している。欧州ソフトウエア最大手の独SAPはパートナーと共同で、血糖モニター、ウエアラブルの活動計測器、糖尿病の管理アプリをセットにした治療パッケージ「アキュチェックビュー」を開発。患者の血糖値を自宅で記録し、医師に送信できるようになった。

 

SAPの東南アジア法人のスコット・ラッセル社長は「ウエアラブルなどの機器で得た分析結果は、疾患を未然に防ぐ予防医療や生活習慣改善の研究に生かせる」と期待を寄せる。

 

アジア太平洋の体重管理市場も急成長している。市場規模は15年の47億ドルから、20年には36%増の65億ドルに拡大するとみられる。シンガポールの漢方薬局、余仁生(ユーヤンサン・インターナショナル)の担当者は「11年に漢方を活用した体重管理プログラムを発売して以来、これを求める患者は約60%増えた」と話す。

 

スポーツジムは地域全体で28000カ所を超え、年間売上高は推定143億ドルに上る。英フィットネス・ファーストはここ数年、インドネシアやマレーシアなど東南アジア全域に事業を拡大。シンガポールのトゥルー・フィットネスも04年の開業以来、順調に会員を増やしている。

 

これまで、欧米の富裕層向けだったアジアの医療ツーリズムも、最近は中国やインドの中間層がタイやシンガポールなどを訪れるケースが増えている。米調査会社フロスト&サリバンは、アジア太平洋の医療ツーリズム市場が19年までに年平均16.3%増え、2047000万ドルに達すると試算している。

 

IHHのタン氏は、ミャンマーの富裕層は医療ツーリズムに年間45000万ドル近く費やしていると指摘。同社はこうした旅行者をヤンゴンに設立する病院に取り込みたいとしている。

 

(シンガポール=ジャスティナ・リー、サイモン・ラフニーン)

[日経産業新聞2016519日付]

リゾート島、医療も人気=マレーシア


 FullSizeRender






【共同】マレーシア北西部ペナン島が「医療ツーリズム」先進地として人気を集めている。高い医療水準や他国と比べて低いコストが魅力で、海辺のリゾートや英統治下の歴史的街並みといった観光資源も豊富。治療や診察などのために外国から渡航する人が年々増えている。

 

世界遺産に指定された島の中心地ジョージタウン。海沿いの静かな高級住宅地にある総合病院「アイランドホスピタル」の清潔感あるロビーには、キャリーバッグを引く人々が行き交う。マラッカ海峡の対岸のインドネシアから訪れた人々だ。

 

同じイスラム圏の同国からは日帰りの来訪者も多い。首都ジャカルタから皮膚科の受診に来た中国系の大学生アナスタシアさん(22)は「きょうは母語の福建語で医師と話せた」と顔をほころばせた。同行の親族7人と1週間ほど滞在し観光や買い物も楽しむという。

 

島では七つの総合病院とペナン州政府、空港が外国人患者の誘致で協力し、2014年にはインドネシアや日本、米国、中国などから約35万人が訪れた。これらの病院で受診者に占める外国人の割合は今や45%に上る。

 

空港には病院利用者専用の無料バスがあり、到着と同時に各病院に直行できる。英語だけでなく、インドネシア語や中国語が通じやすいことも強みで、日本語通訳も常駐。深夜の救急外来にも通訳が駆け付ける。

 

アイランドホスピタルは医師約60人と看護師約600人を含む計約1,100人が勤務。入院可能で「療養中の社長が取締役会を開ける会議室」を併設したベッドもある。

 

日本人利用者の多くは駐在員や長期滞在者という。メーカー勤務の夫と暮らす森山佳代さん(47)は「子どもの発熱でも電話一本で主治医や通訳が来てくれる」と話す。

 

アジアの医療ツーリズム産業ではタイが先を走るが、マレーシア政府も振興に力を入れており、市場は7億リンギ(約196億円)以上に拡大した。その中心がペナン島だ。

 

1996年に同病院を設立したチャン・コクユー顧問(82)は、心臓や呼吸器などの重い疾患にも対応できると話し「マレーシアでは医療の質と低コストが両立できる」と強調した。

 

(ジョージタウン共同=山岡宗広)

 

本日(2/18)のマレーシア大手新聞の一面は「日本の大雪」

朝、クアラルンプールのオフィスの朝刊を見てビックリしました。日本の大雪がマレーシアの新聞の一面に載っていたからです。。。

詳細は下記からご覧下さい。


マレーシア医療病院.com

最近ほとんど、上記のページでブログを更新するようになりました。
宜しければ定期的にチェックしてみてください。

===================================================================
   私のブログは「ブログランキング」に参加しています。下記の3つのバナーを
  クリックしていただけるとこのブログがランキング上位に上がります。
  是非クリックして応援してください!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ                 
===================================================================
フェイスブックページはこちら http://www.facebook.com/MalaysiaMedical 
ツイッターページはこちら  http://twitter.com/MalaysiaMedical
Malaysian hospital and clinic information
Hospitalmalaysia.com.my

過去の記事はコチラ↓
マレーシア・クアラルンプールの病院で健康診断を受けたら・・・
ジェトロが主催するセミナーでマレーシアの病院・介護施設の現状について講演させていただきました。

マレーシアに住む日本人が2万人を突破!
マレーシアの医療・病院に関する情報サイトを開設しました。
マレーシア病院大手による老人ホーム建設。国内2ヵ所で設立予定
日本と違う!マレーシアの救急車/病院電話番号一覧付
祝!マレーシアが「移住したい国」7年連続No.1に
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その3
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その2
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その1
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その4
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その3
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その2
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その1
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシアの新卒看護師就職難問題  
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック

マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その3

先日から書いていた「アジア国際医療交流シンポジウム」ですが、先日無事開催することができました。本当にたくさんの方にご協力いただき、盛大な会となり、皆さんから感謝のメールや次回も案内してほしい等嬉しいお話もいただいています。来場いただいた方・関係者の方、本当にありがとうございました!

今回は写真で会場の様子をご紹介します。

【当日は200名近くの医療関係者・マスコミが来場】
DSC06839

















【聖路加・NTT東日本関東・九州大学から院長・医師の方が壇上に】
DSC06778

















【パネルディスカッションにはマレーシア・シンガポール・タイの病院関係者も参加】
DSC06871

















【マレーシア保健省傘下団体マレーシア医療観光協会MHTC ウォン氏】
DSC06705

















【マレーシアのサンウェイメディカルセンター ナディア氏】
DSC06816


















今後も少しでも日本を含めたアジア(特にマレーシア)の医療・介護を良くするために、いろいろな形で貢献していきたいと思います!

===================================================================
   私のブログは「ブログランキング」に参加しています。下記の3つのバナーを
  クリックしていただけるとこのブログがランキング上位に上がります。
  是非クリックして応援してください!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ                 
===================================================================
マレーシアの医療事情 マレーシアの病院事情 マレーシアの介護事情 マレーシアブログ マレーシアの高齢化事情 マレーシアの薬事情 マレーシアの製薬事情 マレーシアのIT事情 マレーシアの起業事情 マレーシアのネット環境 マレーシアのインターネット事情 マレーシアの医師 マレーシアの看護師 マレーシアの歯医者 アジアの看護師 マレーシアの視察ツアー マレーシアの通訳 クアラルンプールの医療事情 クアラルンプールの病院事情 クアラルンプールで評判の病院 クアラルンプールの歯医者 クアラルンプールのリハビリテーション
フェイスブックページはこちら http://www.facebook.com/MalaysiaMedical 
ツイッターページはこちら  http://twitter.com/MalaysiaMedical

過去の記事はコチラ↓
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その2
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その1
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その4
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その3
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その2
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その1
UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その2
UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その1
新年のご挨拶
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアがアジアワースト1に。交通事故による死亡率
アジア各国と比較したマレーシアの平均寿命
マレーシア初の最低賃金制度導入決定
日本の介護・医療は産業構造を変える
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
マレーシアで開催された「健康的な年のとり方フェア」に参加
マレーシアとシンガポールの病院比較 その2
マレーシアとシンガポールの病院比較 その1
マレーシアの最低賃金
マレーシアと日本 医療・病院の違い
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック==============================================================
マレーシア国内(特にクアラルンプール・ペナン)での現地視察をされたい方は
是非ご連絡ください。病院・介護施設・薬局・関連企業等のアポイント取得や
同行、業界専門用語に強い英語・マレー語の通訳等全て当社で手配します。
お問い合わせ先→enchu6★gmail.com (★を@に変えてください)
===================================================================   

UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その2

アブダビでは、医療関連イベントへの参加だけではなく、実際に現地の病院を視察することができました。

タイで医療関連事業をしている方からの紹介で「現地の人からも駐在員からも評判のいい高級病院だ」というお話をいただき訪問したのですが、とにかく病院内の何から何までが豪華。

ヨーロッパの港町にいるような気分にさせられる建物全体の造り。その辺にあるカフェよりも全然オシャレな医療スタッフ専用の社員食堂。病院ではなくオペラ会場にいるかと思ってしまうような大講堂。当然かもしれませんが、医師の多くはアメリカやイギリスの医学部を出たエリート医師。特に内視鏡医は名医が揃っているとのこと。


【写真】かなり豪華な病院。ホテルのようです。
20121213_095741

【写真】これはなんと院内の医療従事者・スタッフのための食堂!
20121213_102843

【写真】病院の中に豪華な建築の大講堂が。。。
20121213_102746

【写真】スイートの病室は2階まであって部屋は10個以上
20121213_102109

【写真】医師は欧米の大学出身者。機械は最新のもの
abu


この病院は、所得の高いローカルや外国人駐在員、また周辺国の富裕層をターゲットにしていますが、外国人労働者はほとんどこのような病院に来ることはできません。ちなみにアブダビは約2割が国民、約8割が外国人で構成されていると言われており、タクシー運転手からホテル・レストランのスタッフまでほとんどが外国人労働者です。

病院で働く看護師もほとんど外国人。この病院では常に200通程の目を通すことができていない外国人看護師の履歴書をストックしており、看護師には全く困っていないとのこと。周辺国と比較するとUAEはかなり給与が高く人気があります。

昨年、マレーシアのダマンサラ・モントキアラ・シャーラムエリアにある各病院の看護師にヒアリングをさせてもらいましたが、その中でマレーシアの病院で約2年勤務し、ちょうどサウジアラビアの病院に短期で勤務をしに行くと言っていた方がいました。マレーシアの民間病院は付属の看護学校を持っており、奨学金を出す代わりに卒業後はその病院で2年間働く約束をする、というケースが多いようです。(実は日本の病院も同じような形で新卒看護学生を確保しています)丁稚奉公の期間が終わると看護師は自由になり、給与の高い中東エリアの病院へ出稼ぎに行くわけです。

マレーシアの新卒看護師平均月給は約RM1,300(約36,500円)。数年働いた看護師で約RM2,000(約56,000円)。それに対して、中東アラビア系病院の月給は2~3年の経験があるだけでRM10,000(約280,000円)、マレーシアの約5倍の給与がもらえるのです。

最も看護師が出稼ぎに来ているのはフィリピンから。毎年数千人を受け入れるサウジアラビアを筆頭に、UAE、リビア、クウェート、カタール、ヨルダン、オマーンと続きます。

では、なぜ中東の病院は大量の看護師を海外から受け入れているのでしょうか?

それは、「厳格なイスラム教の国」だからです。

マレーシアやインドネシアと違い、中東のムスリムは本場のムスリム。女性が肌を見せたり、働くことも許されません。ましてや密室で女性が男性に対して看護補助をしたり、バイタルチェックをしたりすることはまず許容されないわけです。そこで、イスラム教でもそこまで厳格ではないマレーシアや、持ち前のホスピタリティから宗教・文化に溶け込みやすいフィリピンから看護師を受け入れているわけです。

今後、

エンドユーザー ・・・ 患者・利用者など
医療・介護従事者 ・・・ 医師・看護師・薬剤師・介護士(ヘルパー)など
医療・介護事業者 ・・・ 病院・クリニック・老人ホーム・訪問看護・デイケアなど

の3者それぞれが、国境を越えて医療・介護に携わっていくでしょう。
この流れは誰にも止めることはできず、日本もいつか受け入れたり出て行ったりしなくてはいけない日が来ると思います。

そのトレンドが来る前にできる限りたくさんのインプットを得て、有効なアウトプットを生み出せるようにしておきたいと思います。

===================================================================
   私のブログは「ブログランキング」に参加しています。下記の3つのバナーを
  クリックしていただけるとこのブログがランキング上位に上がります。
  是非クリックして応援してください!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ                 
===================================================================

マレーシア 日本 違い 比較 クアラルンプール ペナン ジョホールバル イポー キャメロンハイランド ゲンティン ブログ 掲示板 口コミ 情報 医療 医療事情 介護 介護事情 高齢化 老人 メディカル 薬 製薬 起業 ビジネス IT企業 ネット環境 シェア モバイル PC スマートフォン インターネット WEBサイト マレーシアの医療事情 マレーシアの病院 評判 ランキング 市場 データ 調査 政策 立ち上げ 医療ツーリズム メディカルツーリズム 新薬 ジェネリック 経営 高齢者 東南アジア アセアン ASEAN 高齢社会 Malaysia Kuala Lumpur medical nursing care nursing home 
MARY WONG Malaysia Healthcare Travel Council  マレーシア医療旅行評議会 Ministry Of Health マレーシア・マイ・セカンド・ホーム・プログラム 長期滞在 ロングステイ KPJヘルスケア 病院大手 大手病院グループ 老人ホーム開設 高齢者施設開設予定 インドネシア 病院 オーストラリア 視察 視察アテンド 通訳 医療通訳 リサーチ 現地調査 ペナン島 ヘルスツーリズム 健康診断 メディカルチェック ヘルスチェック 検診 親日 何故親日 インドネシア 介護 マレーシア高齢化 マレーシア老人ホーム マレーシア1人あたり名目GDP 医薬品 製薬 調剤薬局 OTC デイサービス ショートステイ 理学療法士 作業療法士 医師 専門医 看護師 保健師 薬剤師 法人設立 会社設立 税率 病院設立 コンサル フィリピン バングラディッシュ カンボジア ミャンマー ジャカルタ IHH パンタイホスピタル パンタイ病院 グレンイーグルス病院 サンウェイ病院 マハティール ルックイーストポリシー 東方政策 医者 看護婦 不足 人口 人数 法人立ち上げ ビジネス立ち上げ 病院経営 病院買収 提携 トロピカーナ サイムダービー メディカルセンター タイ バンコク シンガポール 韓国 アラブ首長国連邦 アブダビ ドバイ サウジアラビア 中東 ロウガンライ 買収案件 企業買収 ベンチャーキャピタル マーケットリサーチ 代理店 営業代行 販売代理 医療機器 医師免許 看護師免許 薬剤師免許 PT OT ST リハビリ アジア 東南アジア ASEAN 病院視察 介護施設視察 老人ホーム視察 介護研修 看護師研修 海外研修 アジア研修 アジア旅行 アジア視察 病院見学 施設見学 アレンジ アテンド 現地語通訳 視察ツアー 視察旅行 旅行代理店 マレーシア クアラルンプール イポー ジョホールバル ペナン島 ランカウイ インドネシア ジャカルタ メダン スラバヤ タイ バンコク プーケット アユタヤ チェンマイ シンガポール オーチャード チャイナタウン リトルインディア ゲイラン ベトナム ハノイ ホーチミン フィリピン マニラ 韓国 ソウル 釜山 中国 上海 北京 台湾 台北
フェイスブックページはこちら http://www.facebook.com/MalaysiaMedical 
ツイッターページはこちら  http://twitter.com/MalaysiaMedical

過去の記事はコチラ↓
UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その1
新年のご挨拶
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアがアジアワースト1に。交通事故による死亡率
アジア各国と比較したマレーシアの平均寿命
マレーシア初の最低賃金制度導入決定
日本の介護・医療は産業構造を変える
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
マレーシアで開催された「健康的な年のとり方フェア」に参加
マレーシアとシンガポールの病院比較 その2
マレーシアとシンガポールの病院比較 その1
マレーシアの最低賃金
マレーシアと日本 医療・病院の違い
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシアの新卒看護師就職難問題
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック

====
==============================================================
マレーシア国内(特にクアラルンプール・ペナン)での現地視察をされたい方は
是非ご連絡ください。病院・介護施設・薬局・関連企業等のアポイント取得や
同行、業界専門用語に強い英語・マレー語の通訳等全て当社で手配します。
お問い合わせ先→enchu6★gmail.com (★を@に変えてください)
===================================================================  
livedoor プロフィール
記事検索
J-CASTニュース
ギャラリー
  • マレーシア初のジカ熱感染者確認、保健省
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • ドラッグストアにクリニック:イオンが国内初、地場大手と提携
  • ひばりクリニック、ペナンに分院
  • 増える精神疾患の患者数
  • ジフテリア患者は14人...
  • 手足口病が流行、保健省が警戒呼び掛け
  • 水について...
タグクラウド
  • ライブドアブログ