マレーシアの医療・クリニック・病院・医療ITブログ

マレーシアの医療情報・クリニック・病院・医療ITなどの情報を提供していきます。 マレーシアを中心に身近な医療情報や医療ITなどをブログで紹介していきます。 マレーシア医療情報サイトはこちら→http://www.owg-p.com/ 運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD http://www.owg.asia

マレーシアの医療情報・クリニック・病院情報・医療IT・医療インフラ構築などにご興味がある方や現在事業を展開されている方、今後マレーシアで事業展開を考えている方は是非お気軽にご連絡ください。
連絡先:E-mail info@owg-p.com 
マレーシア医療クリニック病院情報サービス 
http://www.owg-p.com/
運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD
http://www.owg.asia

モントキアラクリニック

「ひばりクリニック」の開院記念パーティーに出席

一昨日、クアラルンプールのプリンスホテルで催された
「ひばりクリニック」の開院記念パーティーに出席させていただきました。



出席されていた方々は、日本大使館の方や主な日系企業、マレーシア企業のなど多くの方々が出席されていました。
顔見知りもちらほら...大盛況の様相でしたね。


rtebhy


確かに「日本式インターナショナルクリニック」というコンセプトが
反映されているようでした。

とても流暢な日本語で丁寧にクリニックの説明をしてくださった女性のローカルスタッフには驚かされました ...



DSC00412DSC00362


日本人スタッフの方も病気の相談や薬のことなどやや込み入った質問に対しても笑顔で親切にドクターを交えて対応してくれました。少々場違いではありましたが ...


開院はやはり6月22日だそうですが、
明日以降、もし必要であれば診療していただけるみたいです。
私は薬が切れてしまうので、お言葉に甘えさせていただいて...




info@owg-p.com
http://www.owg-p.com/

フェイスブックページはこちら 
http://www.facebook.com/MalaysiaMedical
https://www.facebook.com/?ref=logo#!/owg8888

マレーシアの医師免許をとるには?
マレーシアの生活習慣病
-海外勤務者のメンタルヘルス-
ヒトからヒトへは....うつりませんが治療薬もありません
こどもの発熱...これって知っていました?
マレーシア クアラルンプール モントキアラ ひばりクリニック肺に何らかの異常があるかもしれない?
マレーシア クアラルンプール 日本語対応のできるスタッフ・医師がいる医療施設は?

ひばりクリニックの内覧会に参加
ビジネス医療サービス バンコク

ひばりクリニックの開院



ひばりクリニックの開院

先日内覧会に参加したひばりクリニックの正式な開院日が告知されました。

正式開院日は622日だそうです。電話での相談はすでに受け付けているようです。



https://www.facebook.com/hibariclinic

ひばりクリニックの内覧会に参加
ビジネス医療サービス バンコク


ビジネス医療サービス バンコク

「ビジネス医療サービス」

438f70430039568c_S


先日、お隣のタイのバンコク病院でコーディネーターをされているN氏と会食いたしました。おそらく、皆さんご存知かと思いますが、バンコク病院はタイで最大の病院グループであるBangkok Dusit Medicalservicesの拠点病院です。私も二度ほど視察に行ったことがあります...78年前のこととですが。


 


第一印象は、ここ病院なの?マレーシアはもちろん、日本でも見たことのないような病院。今では、日本でもコンビニやスターバックスなどが病院の一角に見受けられることがありますが、明るく、広く、ゆったり、落ち着ける...
ホテル?と勘違いするような佇まいの「病院」です。


 

バンコク病院を中心に富裕層向けに高度な医療を提供し、積極的なM&Aで業容を拡大し、1991年にはタイ証券取引所に株式を上場。東南アジアを代表する企業のひとつになっています。


 

タイの民間航空会社バンコクエアウェイズは昨年タイ証券取引所(SET)に上場しましたね。創業者のプラサートーンオーソト家はBangkok Dusit Medicalservicesの筆頭株主です。つまり、複数の病院(バンコク病院、サミティヴェート病院、BNH病院、パヤタイ病院)エアラインを所有する巨大企業ということになります。


 

日本の病院グループとは根本的な仕組みもことなりますが、やはりスケールが違いますね。大きな違いは、「ビジネス医療サービス」というスタンスを徹底していることです。


 

われわれ日本人に、この概念はなじみがないので理解しにくいかと思いますが、簡単にいえば、主役は誰か?ホテルやデパートなどの顧客サービスに近いものです。日本でも少しずつこの概念が広まりつつありますが、思い切った変革はまだまだ難しいように思えます。


 

 

サミティヴェート病院もBangkok Dusit Medicalservicesの傘下で、ホテルなみのサービスを提供しています。駐在員やその家族など多くの日本人が利用しています。年間約60万人の患者のうち4割が外国人で、日本人はその半分で全体の2割です。およそ300人の日本人患者が連日来院するようです。


 

バンコク病院では日本の医療機関とも積極的に連携を行い、日本での受け入れ病院の確保も常に行っているようです。メディカルツーリズムの足がかりにもなりますね。

 




info@owg-p.com
http://www.owg-p.com/

フェイスブックページはこちら 
http://www.facebook.com/MalaysiaMedical
https://www.facebook.com/?ref=logo#!/owg8888

マレーシアの医師免許をとるには?
マレーシアの生活習慣病
-海外勤務者のメンタルヘルス-
ヒトからヒトへは....うつりませんが治療薬もありません
こどもの発熱...これって知っていました?
マレーシア クアラルンプール モントキアラ ひばりクリニック肺に何らかの異常があるかもしれない?
マレーシア クアラルンプール 日本語対応のできるスタッフ・医師がいる医療施設は?

ひばりクリニックの内覧会に参加



ひばりクリニックの内覧会に参加

ひばりクリニックの内覧会に参加

先日、ワンモントキアラのオフィスタワーに開設されるひばりクリニックの内覧会に参加してきました。

第一印象は...内装、スタッフ、対応など日本の医療機関に来たような..という感じです。

当然、ローカルのスタッフもいらっしゃいますが、日本語がとても堪能なので、
日本人と普通の会話をしているような錯覚に…とても親切、丁寧にクリニックの
説明をして頂きました。

こまかい事は省きますが、患者目線に立ったサービス、
診療を目指しているのが分かります。
一つ一つのサービスが全て、理由があり細かく考えられているなと感心したほどです。

驚いたことは、マレーシア国内だけではなく、
日本にも多数の連携医療機関(北海道~九州)があり、
日本に帰国後も病気のフォローをしていただけるということです。
実際、日本でもこんなクリニックあったかな??...


Image002



その他にも、「こんなサービスがあったら助かるのに...」と思うような
サービスもいくつかありました。
確かに助かりますね。

ただ、実際、まだ開院していないので公表はしていないそうです。
「内覧会に来られた方にのみお伝えしています」とおっしゃられていました。
ここで書けないのが残念ですが...

Image001



この日は、私以外にもお子さんと一緒に来られた家族や
お母さん方が多数見学されていました。
日本の傍TV番組の撮影クルーも取材に来られており大変賑やかな内覧会でした。

病気になった際にはお世話になろうかと思いますが、
予約が取れるかがちょっと心配です(笑)。



ひばりクリニック


住所:17-8, 17th floor, Menara 1MK,Kompleks 1Mont Kiara,No.1,Jalan Kiara,
    Mont Kiara,50480 Kuala Lumpur (1モントキアラ オフィス棟1MK 17階 17-8号)
電話:03-6211-5919 日本語ダイヤル 017-332-1576
ホームぺージ  http://www.hibaricl.com/
FBページ     https://www.facebook.com/hibariclinic








info@owg-p.com
http://www.owg-p.com/

フェイスブックページはこちら 
http://www.facebook.com/MalaysiaMedical
https://www.facebook.com/?ref=logo#!/owg8888

マレーシアの医師免許をとるには?
マレーシアの生活習慣病
-海外勤務者のメンタルヘルス-
ヒトからヒトへは....うつりませんが治療薬もありません
こどもの発熱...これって知っていました?
マレーシア クアラルンプール モントキアラ ひばりクリニック肺に何らかの異常があるかもしれない?
マレーシア クアラルンプール 日本語対応のできるスタッフ・医師がいる医療施設は?


 

ヒトからヒトへは....うつりませんが治療薬もありません

47afcc576288940626be7103792c69bb1











今回は、昨年より猛威を振るっているデング熱についてお伝え致します....

マレーシアでデング熱の発生件数が急増し、今年に入ってからのデング熱による死者は前年同期の4倍近くに上っています。マレーシアでは2014年8月30日時点でデング熱関連による死者は131人、感染者は6万8144人。前年同期は死者は38人、感染者は1万8923人でした。

感染者急増の理由にはさまざまな原因が挙げられていますが、特に指摘されているのが、「DEN-2」と呼ばれる従来よりも毒性の強いデングウイルスの発現です。

感染拡大の原因としてもう1つ考えられるのが、国内で人の移動が増えたことです。それによって国中にウイルスがばらまかれた可能性があります。また、マレーシアは例年よりも乾期が長く、突発的な大雨に見舞われるなど蚊が繁殖しやすい条件が整っているのも要因かもしれません。

特に感染が深刻な地域が、都市部で人口密度の高いセランゴール州。農村部のケランタン州で感染者が急増しました。

kansen01














症状: かぜの症状に似ています...


○ 一過性熱性疾患と同様です

○ 感染3~7日後、突然の発熱で始まり、頭痛特に眼窩痛・筋肉痛・関節痛を伴うことが多く、
  食欲不振、腹痛、便秘を伴うこともあります。

○ 発熱のパターンは二相性になることが多いようです。

○ 発症後、3~4日後より胸部・体幹から始まる発疹が出現し、四肢・顔面へ広がります。

○ デングウイルスに対する特有の薬はありませんので、対症療法となります。

○ これらの症状は1週間程度で消失し、通常、後遺症なく回復します。

デングウイルス感染後、デング熱とほぼ同様に発症して経過した患者の一部で、突然に、血漿漏出と出血傾向を主症状とするデング出血熱になることがあります。

○ 重篤な症状は、発熱が終わり平熱に戻りかけたときに起こることが特徴的です。

○ 患者は不安・興奮状態となり、発汗がみられ、四肢は冷たくなります。

○ 胸水や腹水が極めて高率にみられます。

○ 肝臓の腫脹、補体の活性化、血小板減少、血液凝固時間延長がみられます。

○ 多くの例で細かい点状出血がみられる。

○ 適切な治療が行われないと死に至ることがあります。

○ 致死率は国により、数 パーセントから1パーセント以下と様々です。

無題


















予防


空き缶にたまった雨水など、小さな水たまりを好んで卵を産み付けます、
住まいの周囲の水たまりをなくす、ベランダとかプランターをきれいに掃除することが重要ですね...


網戸も効果的です。ただ、マレーシアのマンションタイプの建物では付いていないことがほとんどです。
もし網戸がほしいなら自分でネットを買ってきて取り付けることもできますが、普段からエアコンを使っているので、そもそも網戸は必要ないかもしれませんね...



もし、お困りでしたらお気軽にご相談くださいね。
info@owg-p.com
http://www.owg-p.com/

フェイスブックページはこちら 
http://www.facebook.com/MalaysiaMedical
https://www.facebook.com/?ref=logo#!/owg8888

マレーシアの医師免許をとるには?
マレーシアの生活習慣病
-海外勤務者のメンタルヘルス-
ヒトからヒトへは....うつりませんが治療薬もありません
こどもの発熱...これって知っていました?
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック
livedoor プロフィール
記事検索
J-CASTニュース
ギャラリー
  • マレーシア初のジカ熱感染者確認、保健省
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • ドラッグストアにクリニック:イオンが国内初、地場大手と提携
  • ひばりクリニック、ペナンに分院
  • 増える精神疾患の患者数
  • ジフテリア患者は14人...
  • 手足口病が流行、保健省が警戒呼び掛け
  • 水について...
タグクラウド
  • ライブドアブログ