マレーシアの医療・クリニック・病院・医療ITブログ

マレーシアの医療情報・クリニック・病院・医療ITなどの情報を提供していきます。 マレーシアを中心に身近な医療情報や医療ITなどをブログで紹介していきます。 マレーシア医療情報サイトはこちら→http://www.owg-p.com/ 運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD http://www.owg.asia

マレーシアの医療情報・クリニック・病院情報・医療IT・医療インフラ構築などにご興味がある方や現在事業を展開されている方、今後マレーシアで事業展開を考えている方は是非お気軽にご連絡ください。
連絡先:E-mail info@owg-p.com 
マレーシア医療クリニック病院情報サービス 
http://www.owg-p.com/
運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD
http://www.owg.asia

マレーシア医療事情

三井物産が透析クリニックのアジア展開へ 米国大手などと提携、生活習慣病に照準

三井物産は52日、米国最大手の透析事業会社ダビータ・ヘルスケア・パートナーズ(ダビータ社、米国コロラド州)、マレーシアの国営投資会社カザナ・ナショナルとともに、アジアでの透析事業に参入すると発表した。関連当局の許認可などの条件を満たした後、三井物産はダビータ社傘下でシンガポールのダビータ・ケア社の株式20%を取得する。
 

 tousekishitsu (2)

株式取得額は1億5,000万米ドル(約160億円)を見込む。ダビータ社は米国を中心に透析クリニック2,369カ所を展開しているが、アジア市場には本格参入していない。アジア新興国では、人口増加と糖尿病などの生活習慣病のまん延で、透析治療を必要とする患者が増える中、透析クリニックが大幅に不足。医療保険制度の充実や所得水準の上昇で治療のニーズは急激に高まっているという。

 

三井物産によると、ダビータ社は米国最大の公的保険CMSが実施する全米透析クリニックの5段階評価で4以上の評価を獲得した施設の割合が2倍であるなど、高品質な透析医療を展開している。

 

三井物産は2011年にカザナからの一部持ち分取得したマレーシアの病院大手IHHヘルスケアに参画するほか、アジア・オセアニア地域の医療従事者約200万人に医薬情報を提供するMIMSグループを買収している。また、16年4月にはヘルスケア・サービス事業本部を新設した。透析事業についてもIHHやMIMSと連携して展開する。

マレーシアでの生活情報説明会

マレーシアでの生活を安心して過ごすための注意点や、いざという時に役に立つ情報などを医療機関からの目線で新しく赴任された方やそのご家族向けに説明・相談会が開催されるそうです。

お子さんの予防接種の情報やその他の役に立つ医療情報もわかりやすく説明してくれるそうです。確かに、日本ではありませんので生活する上での衛生管理や食の安全性、医療機関、予防接種の時期やタイミングなど様々な点で異なりますからね…

 
無題7


 

テーマ:「マレーシアの日常生活における医療事情について」

■開催日時:

2016420日(水)10:0013:00 12:00~(ブッフェ形式の軽食あり)
 

■会場:

ザ シグネチャー サービスド スイート & スタジオ(スカイロビー階「SL階」)

(The Signature Serviced Suites & Studios) 📌3,Jalan Sri Hartamas 22,Desa Sri Hartamas,50480,KL
無題2
 http://thesignaturekl.com/
 

■定員(先着順):

40名(定員になり次第締め切らせていただきます)
 

■お申し込み方法:

・氏名・連絡先・人数を415日(金)までに下記のアドレスまでご連絡下さい。
 

■連絡先:ひばりクリニック

✉:info@hibaricl.com

KLで腸チフスが流行しているようです。



KLで腸チフスが流行しているようです。

Image009

http://www.themalaysianinsider.com/malaysia/article/typhoid-outbreak-in-kuala-lumpur

ちなみに腸チフスとは…



チフス菌によって起こる感染症です。ヒトのみに感染するため、ヒトの糞便に汚染された食品や水を摂取することによって感染(経口感染)するほか、患者や健康保菌者(ほとんどが胆嚢内保菌者)からの接触感染(手指から口へ)も起こり得ます。発生の様式として、海外渡航先での感染や家庭内、地域内での散発的な事例のほか、食中毒様の集団事例がみられることもあります。食べてから発症までの潜伏期間は約721日。途上国を中心に、毎年2000万人の感染した患者が発生し、約2030万人が死亡されています。抗菌薬によって治りますが、早期確定診断が必要です。



いわゆる胃腸炎の症状が少ない病気です。症状は、38℃以上の高熱で、朝に解熱し、夜に高熱になる熱のパターンが多く、頭痛、寒気、全身倦怠感、腰痛、背部痛があるのが特徴。意外に思われるかもしれませんが、下痢、食欲不振、吐き気、嘔吐といったいわゆる胃腸炎の症状が少ない病気です。


高熱が出ると脈拍数が速くなるのが普通ですが、腸チフスの場合、高熱の割には脈拍数が少なかったり、脈が乱れたりする症状も。脾臓がはれるなどの症状も見られます。



特徴的な発疹と薄い紅色の発疹(バラ疹)が胸、お腹、背中に出現し、高熱時に出現し、数時間で消えます。脳・髄膜炎が約5%あります。



治療法



腸チフスは、無治療であっても34週間で回復しますが、抗菌薬(ニューキノロン系)が最も効果的で、514日間内服することが勧められています。無治療の場合、約1520%で腸に穴が開いたり、腸が出血したりすることがあるためで、その場合、菌血症や腹膜炎で死に至ることもあるからです。一度、腸チフスにかかると抗体ができるので、しばらくかかることはありません。



腸チフスの予防法・予防接種



まずは、腸チフスの発生する地域では、水、生の食物を摂らないようにしましょう。加熱が不十分な場合に感染しやすくなるので、調理方法も大切です。腸チフスではワクチンがあり、欧米から途上国への旅行では、ワクチンが推奨されています。汚染地域に行く12週間前に、腸チフスワクチンを接種します。



腸チフスワクチン




経口生菌ワクチン(Ty21a)タイプ…接種対象は6歳以上。投与法は弱毒菌の入ったカプセルを、1カプセルを1日おきに34回服用注射用不活化ワクチン(Vi CPS)タイプ…接種対象は2歳以上。投与法は海外旅行2週間以上前に、10.5mlを筋肉内注射。チフス菌から病原性に関係する成分であるVi 多糖体を使ったワクチンですどちらのワクチンも副作用は少ないです。ただし、経口生菌ワクチンは副作用は少ないのですが、弱毒菌のため、妊婦及び免疫不全の人には接種できません。

注射用不活化ワクチンは、接種部位の腫れ、赤み、しこりで、たまに、発熱、頭痛、全身倦怠感があります。ワクチンの効果ですが、経口生菌ワクチンの場合は約5年持続し、注射用不活化ワクチンの場合、免疫力の獲得が約90%で、持続は約2年です。そのため、2年ごとの接種が勧められています。



info@owg-p.com
http://www.owg-p.com/

フェイスブックページはこちら 
http://www.facebook.com/MalaysiaMedical
https://www.facebook.com/?ref=logo#!/owg8888

マレーシアの医師免許をとるには?
マレーシアの生活習慣病
-海外勤務者のメンタルヘルス-
ヒトからヒトへは....うつりませんが治療薬もありません
こどもの発熱...これって知っていました?
マレーシア クアラルンプール モントキアラ ひばりクリニック肺に何らかの異常があるかもしれない?
マレーシア クアラルンプール 日本語対応のできるスタッフ・医師がいる医療施設は?

ひばりクリニックの内覧会に参加
ビジネス医療サービス バンコク

ひばりクリニックの開院


 


 


 


 


 


 


 


 


 

昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円

マレーシア医療旅行評議会(MHTC)のメアリー・ウォン議長は、2011年の医療ツーリズム(医療観光)収入が前年比34.5%、医療ツーリズム参加者が同47.2%にそれぞれ増加したと発表しました。医療ツーリズム収入総額は過去最高の5億977万リンギ(約137億円)に上り、医療ツーリズム参加者は57万8,403人に達しています。訪問先を州別で見るとペナン州が49%で最も高く、首都圏クランバレーが21%、マラッカ州が10%となっています。 (なぜペナンがここまで多いのが気になりますのでまた調べてみますね)当初の見通しは収入が4億3,100万リンギ(約116億円)で、参加者は40万人だったため大幅に見通しを上回った形になります。

マレーシア政府は5年後までに医療ツーリズムで来馬する外国人を100万人にすることを目標にしています。前回のブログ「マレーシアと日本の医療費比較」でも少し触れましたが、多くのマレーシア国民が利用する公立病院は政府の一般財源から診療費などが支払われています。一方私立病院では一般財源は使われず、実費もしくは民間の医療保険・海外旅行保険を富裕層や外国人が使い診療費を払う形になります。つまり、政府としては公立病院からよりも私立病院からのほうが貴重な財源を使わずに医療費収入を得やすいわけです。

且つ医療ツーリズムとなれば、治療の間、本人や家族が食事をしたりホテルに泊まったりしてマレーシアにお金を落としてくれます。そのため保健省(日本の厚生労働省)だけでなく観光省も医療ツーリズム促進をバックアップしています。特にマレーシアは3民族がいるため、食事に関しても言語に関しても安心できる要素が多いのでしょう。マレー人はムスリムなのでアラビア半島の方も食事や文化に不自由を感じることなく過ごせるそうです。

※余談ですが、先日お邪魔した大手私立病院にアラビア系の患者さんが来て、入院前にフロアにいる看護師さん全員に日本円で1万円くらいのチップを配っていたそうです。あちらのお金持ちはスケールが違いますね(笑) 

医療ツーリズムに対して政府が強いリーダーシップを示して強化しているシンガポールやタイにマレーシアが追いつけるのか。 注意深くウォッチし続けたいを思います。

↓下記の3つのバナーをクリックしていただけると明日も頑張れます(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ





マレーシア 日本 違い 比較 クアラルンプール ペナン ジョホール ブログ 掲示板 口コミ 情報 医療 医療事情 介護 介護事情 高齢化 老人 メディカル 薬 製薬 起業 ビジネス IT企業 インターネット WEBサイト 市場 データ 調査 政策 立ち上げ 医療ツーリズム メディカルツーリズム 新薬 ジェネリック 経営 高齢者 東南アジア アセアン ASEAN 高齢社会 Malaysia Kuala Lumpur medical nursing care nursing home マレーシアの医療事情 現地視察 アテンド 医療通訳 マレー語通訳 料金 価格 格安 マレーシア視察 マレーシア調査 市場調査 病院視察 アジア 東南アジア ASEAN 病院視察 介護施設視察 老人ホーム視察 介護研修 看護師研修 海外研修 アジア研修 アジア旅行 アジア視察 病院見学 施設見学 アレンジ アテンド 現地語通訳 視察ツアー 視察旅行 旅行代理店 マレーシア クアラルンプール イポー ジョホールバル ペナン島 ランカウイ インドネシア ジャカルタ メダン スラバヤ タイ バンコク プーケット アユタヤ チェンマイ シンガポール オーチャード チャイナタウン リトルインディア ゲイラン ベトナム ハノイ ホーチミン フィリピン マニラ 韓国 ソウル 釜山 中国 上海 北京 台湾 台北
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その3
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その2
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その1
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その4
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その3
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その2
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その1
UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その2
UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その1
新年のご挨拶
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアがアジアワースト1に。交通事故による死亡率
アジア各国と比較したマレーシアの平均寿命
マレーシア初の最低賃金制度導入決定
日本の介護・医療は産業構造を変える
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
マレーシアで開催された「健康的な年のとり方フェア」に参加
マレーシアとシンガポールの病院比較 その2
マレーシアとシンガポールの病院比較 その1
マレーシアの最低賃金
マレーシアと日本 医療・病院の違い
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシアの新卒看護師就職難問題 
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック

シンガポール医療・介護 今後5年間の政策

シンガポール政府は保健・医療関係の支出をこの先5年間、年40億ドル(約2,525億円)から80億ドル(約5,050億円)へ増額すると発表しました。介護が必要になる高齢者の増加に備えたもので、医療関係従事者の賃金を引き上げ、同時により低料金の医療、介護サービスを提供していくとのことです。

主に出ている方針としては
・公立の病院、地域医療に携わるコミュニティー病院の病床数を増やす
・長期ケアを提供する日本で言う療養型の病院や介護施設、デイケアセンターなど高齢者向けの施設を増やす
・在宅介護制度を充実させる
・介護が必要な高齢者を持つ世帯が外国人家政婦を雇用した場合、月120ドル(約7,575円)を援助する
・つかまり歩きするための手すりや、風呂場のタイルを滑りにくくするなど、家屋改造を補助する
・医療保険のメディシールドが利用できる人の年齢上限を85歳から90歳へ引き上げる。
・保険料引き上げも行うため、政府はメディシールド加入国民のメディセーブ口座に一定額を補助として振り込む

日本・中国・韓国に続きシンガポールも急速に高齢化が進んでいるようです。
マレーシアは、ASEANの中のトップランナーであるシンガポールの政策をベンチマークしているところも多いので、引き続きシンガポールの医療・介護政策の動きには注目していきたいと思います。 

↓下記3つのバナーを押していただけたら明日も頑張れます^^

地域情報(マレーシア) ブログランキングへ 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 

 

マレーシア 日本 違い 比較 クアラルンプール ペナン ジョホール ブログ 掲示板 口コミ 情報 医療 医療事情 介護 介護事情 高齢化 老人 メディカル 薬 製薬 起業 ビジネス IT企業 インターネット WEBサイト 市場 データ 調査 政策 立ち上げ 医療ツーリズム メディカルツーリズム 新薬 ジェネリック 経営 高齢者 東南アジア アセアン ASEAN 高齢社会 Malaysia Kuala Lumpur medical nursing care nursing home アジア 東南アジア ASEAN 病院視察 介護施設視察 老人ホーム視察 介護研修 看護師研修 海外研修 アジア研修 アジア旅行 アジア視察 病院見学 施設見学 アレンジ アテンド 現地語通訳 視察ツアー 視察旅行 旅行代理店 マレーシア クアラルンプール イポー ジョホールバル ペナン島 ランカウイ インドネシア ジャカルタ メダン スラバヤ タイ バンコク プーケット アユタヤ チェンマイ シンガポール オーチャード チャイナタウン リトルインディア ゲイラン ベトナム ハノイ ホーチミン フィリピン マニラ 韓国 ソウル 釜山 中国 上海 北京 台湾 台北

マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その3
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その2
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その1
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その4
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その3
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その2
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その1
UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その2
UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その1
新年のご挨拶
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアがアジアワースト1に。交通事故による死亡率
アジア各国と比較したマレーシアの平均寿命
マレーシア初の最低賃金制度導入決定
日本の介護・医療は産業構造を変える
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
マレーシアで開催された「健康的な年のとり方フェア」に参加
マレーシアとシンガポールの病院比較 その2
マレーシアとシンガポールの病院比較 その1
マレーシアの最低賃金
マレーシアと日本 医療・病院の違い
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシアの新卒看護師就職難問題 
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック
livedoor プロフィール
記事検索
J-CASTニュース
ギャラリー
  • マレーシア初のジカ熱感染者確認、保健省
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • ドラッグストアにクリニック:イオンが国内初、地場大手と提携
  • ひばりクリニック、ペナンに分院
  • 増える精神疾患の患者数
  • ジフテリア患者は14人...
  • 手足口病が流行、保健省が警戒呼び掛け
  • 水について...
タグクラウド
  • ライブドアブログ