マレーシアの医療・クリニック・病院・医療ITブログ

マレーシアの医療情報・クリニック・病院・医療ITなどの情報を提供していきます。 マレーシアを中心に身近な医療情報や医療ITなどをブログで紹介していきます。 マレーシア医療情報サイトはこちら→http://www.owg-p.com/ 運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD http://www.owg.asia

マレーシアの医療情報・クリニック・病院情報・医療IT・医療インフラ構築などにご興味がある方や現在事業を展開されている方、今後マレーシアで事業展開を考えている方は是非お気軽にご連絡ください。
連絡先:E-mail info@owg-p.com 
マレーシア医療クリニック病院情報サービス 
http://www.owg-p.com/
運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD
http://www.owg.asia

マレーシアクリニック

マレーシア初のジカ熱感染者確認、保健省

マレーシア保健省は1日、同国内で初めてのジカ熱感染者を確認したと発表した。スランゴール州クランに住む58歳の女性で、8月半ばにシンガポールへの渡航歴があった。これまでに、渡航中に会ったシンガポール在住の娘も、ジカ熱に感染していたことが分かっている。スター(電子版)が伝えた。

 

img035

 

保健省によると、この女性は8月19日に夫とともに、シンガポール在住の娘を訪ね、21日にマレーシアに帰国した。シンガポール在住の娘は、30日にジカ熱に感染していることが分かったという。

 

58歳女性は28日に湿疹の症状が現れ、30日にクランの私設クリニックを訪問。女性の渡航歴などからジカ熱感染を疑った医師が同日、スンガイブロー病院に照会し、31日にポリメラーゼ連鎖反応テストを受けたところ、陽性反応があったという。58歳女性と娘には、同じ日から諸症状が現れていた。一方、現時点で夫には感染が疑われる症状はみられていない。

 

58歳女性は、マレーシアに帰国した21日から、症状が現れる28日まで、クランのほか、クアラルンプールの複数カ所を訪問した。

 

保健省は感染が分かった女性が訪問した場所や住居などで、ジカ熱を媒介する蚊の退治を実施した。

NNA ASIA 

「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。

2016813日に「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。超音波検査手技・技術の習得を目指すマレーシアのローカルドクターを対象に弊社が開催したworkshopです。おそらく、ここマレーシアクアラルンプールでは初めての試みだと思います。

Image009 Image008  Image007

欠席者はゼロ、申し込み〆切後も多くの問い合わせがありましたがお断りさせていただいた状況です。超音波の台数と時間を考えて募集人数を制限しました。ベーシックコースでは座学は行わず、朝から夕方まで実技指導のみを行いました。workshop終了までに一通りのスクリーニング検査が行えるように指導し実技試験を最後に行いました。今後も継続的にworkshopを行う予定です。

ドラッグストアにクリニック:イオンが国内初、地場大手と提携

イオン・マレーシアは傘下のドラッグストア「イオン・ウエルネス」で、医師や看護師が常駐する店内クリニックを開業する。地場クリニックチェーン最大手クォリタス・グループと業務提携した。スランゴール州のチュラスセラタン店で8月8日、初めての店内クリニックが営業を開始する。クリニック併設型ドラッグストアは、マレーシアで初めての例となる。

 

clinic

 

イオン・ウエルネスのチュラスセラタン店は、イオン・チュラスセラタン・ショッピングセンター(SC)内に立地。店舗面積は、同社の平均的な店舗面積である250平方メートル弱を上回る420平方メートルで、クリニックはそのうち106平方メートルとなる。

 

■イボ除去の小手術や血液検査も

 

クリニックでは、医師、看護師、薬剤師、栄養士が常駐する総合診療科を設置し、医師は診察や予防接種から、イボやホクロの除去などの小手術までを手掛ける。また、医師の診療や投薬のみではカバーできない分野については、薬剤師が採血や血液検査、血圧や体重測定、心疾患リスクの判定などをもとに、薬物治療や生活改善指導を行うなどのサービスを提供するという。

 

イオン・ウエルネスは現在、首都圏やマラッカ、ジョホール、ペナン州などを含むマレー半島部で45店舗を展開している。マレーシアには国民皆保険制度がない。また、マレーシア保健省のデータによると、医療施設数は人口10万人当たり約7施設と非常に少なく、受診にも時間がかかるのが実情だ。その一方で、一定の分野では医師による処方箋がなくても薬剤師の判断で薬や処方できることから、薬剤師の役割は日本と比した場合にも大きいという。

 

イオン・ウエルネスはこうした状況を受け、これまでにも、薬剤師がいる調剤薬局を既存の12店舗に併設してきた。同業の香港系ドラッグストア「ワトソンズ」や「ガーディアン」にもこうした調剤薬局併設店はあるが、医師や看護師がいるクリニックを備えたサービスは展開していない。イオン・ウエルネスは、SC内で365日営業するドラッグストアでの買い物に合わせ、気軽に短い待ち時間で利用できるクリニックを設けることで、顧客の利便性を向上でき、付加価値にもなると判断した。

 

■店舗はバリアフリー対応

 

イオン・ウエルネス・チュラスセラタン店の従業員数は、医師、薬剤師合わせて12人。診療の待ち時間や終了後に、薬剤師や栄養士による助言を受けてサプリメントや衛生用品など、必要な商品をすぐに買い求められるようにするという。品ぞろえでは、オーガニック食品やシャンプー、スキンケアグッズ、アレルギー特定原材料を含まない食品、自然食品などを充実した「オーガニック&ナチュラルコーナー」を展開する。また、高齢者や身体に障害を持つ顧客が最短距離でクリニックに入れるよう、駐車場側にスロープ付きの入り口を設け、クリニック専用の駐車場を整備するなどの対応も行っている。

 

イオン本社の広報担当者は、チュラスセラタン店での状況を見た上で、今後の拡大などを検討することになるが、第2号店の開設時期などは未定だとしている。

NNA 2016/07/26

増える精神疾患の患者数

増える精神疾患の患者数
 
02d1829f

マレーシアで現在健康問題で一番多いのは心臓疾患。2020年までには精神疾患がそれに次いで多くなりそうです。ベルナマ通信によると、7月1日、ペルリス州カンガルにあるトゥアンク・ファウジア病院精神科のルジタ・ジャマルディン科長はこのような見通しを明らかにした。同医師によると、2008年当時、マレーシア国内の公立病院で診療を受けた精神疾患の患者は40万0227人だった。「毎年、2000人近い新規の統合失調症患者が出ている。実際の数は、もっと多いはずだ。患者や家族が統合失調症などの精神疾患についてよく理解しておらず、民間療法ですませ、専門医に診てもらう人がまだまだ少ないのが実情だ」(ルジタ医師)。

(7月1日NST)

 

ジフテリア患者は14人...

マレーシアでは今年に入ってから7月4日までに見つかったジフテリア患者は14人。
厚生省が7月4日に発表した。
一番新しい患者(6歳男児)は、6月26日に発熱を訴え、7月1日にKLの病院に入院し、検査でジフテリアと判明した。

 

図3

 

ジフテリアはジフテリア菌による急性の咽頭または皮膚感染症。2~5日間程度の潜伏期を経て、発熱・咽頭痛・嚥下痛などで始まります。鼻ジフテリアでは血液を帯びた鼻汁、鼻孔・上唇のびらんがみられるのが特徴。感染、増殖した菌から産生された毒素により昏睡や心筋炎などの全身症状が起こると死亡する危険が高くなるが、致命率は平均510%とされています。

治療開始の遅れは予後に著しい影響を与えるので、臨床的に本症が疑わしければ確定診断 を待たずに治療を進める必要がある。日本で行われているDPT 三種混合ワクチンは、1期初回として生後390カ月(標準的には生後312カ月)に3回、その1218 カ月後に追加接種を行い、1112 歳にDT 二種混合ワクチンに より第2 期接種が行われています。第1 期の接種率は良好ですが、第2 期のDT ワクチンの接種率 は70%前後です。ワクチンによる予防が最も効果的です。

livedoor プロフィール
記事検索
J-CASTニュース
ギャラリー
  • マレーシア初のジカ熱感染者確認、保健省
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • ドラッグストアにクリニック:イオンが国内初、地場大手と提携
  • ひばりクリニック、ペナンに分院
  • 増える精神疾患の患者数
  • ジフテリア患者は14人...
  • 手足口病が流行、保健省が警戒呼び掛け
  • 水について...
タグクラウド
  • ライブドアブログ