マレーシアの医療・クリニック・病院・医療ITブログ

マレーシアの医療情報・クリニック・病院・医療ITなどの情報を提供していきます。 マレーシアを中心に身近な医療情報や医療ITなどをブログで紹介していきます。 マレーシア医療情報サイトはこちら→http://www.owg-p.com/ 運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD http://www.owg.asia

マレーシアの医療情報・クリニック・病院情報・医療IT・医療インフラ構築などにご興味がある方や現在事業を展開されている方、今後マレーシアで事業展開を考えている方は是非お気軽にご連絡ください。
連絡先:E-mail info@owg-p.com 
マレーシア医療クリニック病院情報サービス 
http://www.owg-p.com/
運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD
http://www.owg.asia

タイ

ビジネス医療サービス バンコク

「ビジネス医療サービス」

438f70430039568c_S


先日、お隣のタイのバンコク病院でコーディネーターをされているN氏と会食いたしました。おそらく、皆さんご存知かと思いますが、バンコク病院はタイで最大の病院グループであるBangkok Dusit Medicalservicesの拠点病院です。私も二度ほど視察に行ったことがあります...78年前のこととですが。


 


第一印象は、ここ病院なの?マレーシアはもちろん、日本でも見たことのないような病院。今では、日本でもコンビニやスターバックスなどが病院の一角に見受けられることがありますが、明るく、広く、ゆったり、落ち着ける...
ホテル?と勘違いするような佇まいの「病院」です。


 

バンコク病院を中心に富裕層向けに高度な医療を提供し、積極的なM&Aで業容を拡大し、1991年にはタイ証券取引所に株式を上場。東南アジアを代表する企業のひとつになっています。


 

タイの民間航空会社バンコクエアウェイズは昨年タイ証券取引所(SET)に上場しましたね。創業者のプラサートーンオーソト家はBangkok Dusit Medicalservicesの筆頭株主です。つまり、複数の病院(バンコク病院、サミティヴェート病院、BNH病院、パヤタイ病院)エアラインを所有する巨大企業ということになります。


 

日本の病院グループとは根本的な仕組みもことなりますが、やはりスケールが違いますね。大きな違いは、「ビジネス医療サービス」というスタンスを徹底していることです。


 

われわれ日本人に、この概念はなじみがないので理解しにくいかと思いますが、簡単にいえば、主役は誰か?ホテルやデパートなどの顧客サービスに近いものです。日本でも少しずつこの概念が広まりつつありますが、思い切った変革はまだまだ難しいように思えます。


 

 

サミティヴェート病院もBangkok Dusit Medicalservicesの傘下で、ホテルなみのサービスを提供しています。駐在員やその家族など多くの日本人が利用しています。年間約60万人の患者のうち4割が外国人で、日本人はその半分で全体の2割です。およそ300人の日本人患者が連日来院するようです。


 

バンコク病院では日本の医療機関とも積極的に連携を行い、日本での受け入れ病院の確保も常に行っているようです。メディカルツーリズムの足がかりにもなりますね。

 




info@owg-p.com
http://www.owg-p.com/

フェイスブックページはこちら 
http://www.facebook.com/MalaysiaMedical
https://www.facebook.com/?ref=logo#!/owg8888

マレーシアの医師免許をとるには?
マレーシアの生活習慣病
-海外勤務者のメンタルヘルス-
ヒトからヒトへは....うつりませんが治療薬もありません
こどもの発熱...これって知っていました?
マレーシア クアラルンプール モントキアラ ひばりクリニック肺に何らかの異常があるかもしれない?
マレーシア クアラルンプール 日本語対応のできるスタッフ・医師がいる医療施設は?

ひばりクリニックの内覧会に参加



UAE(アラブ首長国連邦)の医療事情 その1

先月、はじめてマレーシアからUAE(アラブ首長国連邦)へ行ってきました。アブダビで行われる中東最大規模の医療関連イベントへの参加、病院・クリニック・薬の卸・日系企業等の訪問を行い、マレーシアと中東の間で起きている医療ツーリズム患者・医療従事者(特に看護師)の流れについて視察をしてきました。


【写真】とんでもない形の超高層ビルが並ぶドバイ都市部
20121213_123101

昨年1年でマレーシアだけでなく、タイ(バンコク)・シンガポール・韓国(ソウル)等医療ツーリズムで患者を受け入れる側の国を訪問して調査をしていたところ、「ミドルイースト(中東)からの医療ツーリズム患者が激増している」という話をよく耳にしました。

医療関係者・病院経営者にヒアリングを行ったところ、やはりその流れは確実に起きていました。

9.11のアメリカで起きたテロ以来、中東のイスラム系国籍を持つ患者がアメリカの病院に行くのが難しくなり、タイ・シンガポール・マレーシアを中心とした東南アジアの病院に行く流れへと変わっていったのです。

特に上記3国の病院はムスリム(イスラム教徒)を受け入れる体制が整っており、お祈り場所の提供やハラル食品等も普通に提供が可能です。

今も超が付くほどのお金持ちは皆イギリスに行き、普通のお金持ちは東南アジアの高級病院へ、お金が無い人はアブダビ・ドバイのローカル病院へ行っています。


【写真】男性は白い服、女性は黒い服に身を覆っています。
20121213_125912

20121213_125455

ただし、サウジアラビアのみタイとの国交が断絶されており、患者はほぼ移動していないようです。国交断絶の理由は過去に起きた
「ブルーダイヤモンド事件(※下記記述)」。
もしかしたらマレーシアやシンガポールの中東患者はサウジアラビア人が多いのかもしれません。


※注 ブルーダイヤモンド事件とは?
1989年、サウジアラビアの宮殿で働いていたタイ人労働者が著名な「ブルーダイヤモンド」を含む同国王室の宝石数千万ドル相当を盗み、タイに帰国。タイ警察は盗まれた宝石を取り戻し、サウジアラビアに送り返したが、「ブルーダイヤモンド」を含む半数以上が偽物だったことが発覚し、さらにタイでサウジアラビア人外交官3人が何者かに殺害され、実業家が失そう。事件は迷宮入りした。
 捜査を指揮したタイ警察幹部は事件の参考人の宝石商の妻子を身代金目的で誘拐、殺害した罪で死刑判決を受けた。サウジアラビアは事件以降、タイに正規の大使を置かず、外交関係を引き下げている。


また、医療を受けているかはわかりませんがお金持ちの間で一番人気の旅行先はダントツでクアラルンプールとのこと。事実、私のオフィスがあるブキッビンタンでも全身黒い服を着た方を見ない日は無いくらい中東からの旅行者は多いです。

今後マレーシアの保健省・MHTC・民間病院は中東マーケットを無視できませんね。
(次回その2に続く)

===================================================================
   私のブログは「ブログランキング」に参加しています。下記の3つのバナーを
  クリックしていただけるとこのブログがランキング上位に上がります。
  是非クリックして応援してください!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ                 
===================================================================

マレーシア 日本 違い 比較 クアラルンプール ペナン ジョホールバル イポー キャメロンハイランド ゲンティン ブログ 掲示板 口コミ 情報 医療 医療事情 介護 介護事情 高齢化 老人 メディカル 薬 製薬 起業 ビジネス IT企業 ネット環境 シェア モバイル PC スマートフォン インターネット WEBサイト マレーシアの医療事情 マレーシアの病院 評判 ランキング 市場 データ 調査 政策 立ち上げ 医療ツーリズム メディカルツーリズム 新薬 ジェネリック 経営 高齢者 東南アジア アセアン ASEAN 高齢社会 Malaysia Kuala Lumpur medical nursing care nursing home 
MARY WONG Malaysia Healthcare Travel Council  マレーシア医療旅行評議会 Ministry Of Health マレーシア・マイ・セカンド・ホーム・プログラム 長期滞在 ロングステイ KPJヘルスケア 病院大手 大手病院グループ 老人ホーム開設 高齢者施設開設予定 インドネシア 病院 オーストラリア 視察 視察アテンド 通訳 医療通訳 リサーチ 現地調査 ペナン島 ヘルスツーリズム 健康診断 メディカルチェック ヘルスチェック 検診 親日 何故親日 インドネシア 介護 マレーシア高齢化 マレーシア老人ホーム マレーシア1人あたり名目GDP 医薬品 製薬 調剤薬局 OTC デイサービス ショートステイ 理学療法士 作業療法士 医師 専門医 看護師 保健師 薬剤師 法人設立 会社設立 税率 病院設立 コンサル フィリピン バングラディッシュ カンボジア ミャンマー ジャカルタ IHH パンタイホスピタル パンタイ病院 グレンイーグルス病院 サンウェイ病院 マハティール ルックイーストポリシー 東方政策 医者 看護婦 不足 人口 人数 法人立ち上げ ビジネス立ち上げ 病院経営 病院買収 提携 トロピカーナ サイムダービー メディカルセンター
ロウガンライ 買収案件 企業買収 ベンチャーキャピタル マーケットリサーチ 代理店 営業代行 販売代理 医療機器 医師免許 看護師免許 薬剤師免許 PT OT ST リハビリ 
アジア 東南アジア ASEAN 病院視察 介護施設視察 老人ホーム視察 介護研修 看護師研修 海外研修 アジア研修 アジア旅行 アジア視察 病院見学 施設見学 アレンジ アテンド 現地語通訳 視察ツアー 視察旅行 旅行代理店 マレーシア クアラルンプール イポー ジョホールバル ペナン島 ランカウイ インドネシア ジャカルタ メダン スラバヤ タイ バンコク プーケット アユタヤ チェンマイ シンガポール オーチャード チャイナタウン リトルインディア ゲイラン ベトナム ハノイ ホーチミン フィリピン マニラ 韓国 ソウル 釜山 中国 上海 北京 台湾 台北
フェイスブックページはこちら http://www.facebook.com/MalaysiaMedical 
ツイッターページはこちら  http://twitter.com/MalaysiaMedical

過去の記事はコチラ↓
新年のご挨拶
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアがアジアワースト1に。交通事故による死亡率
アジア各国と比較したマレーシアの平均寿命
マレーシア初の最低賃金制度導入決定
日本の介護・医療は産業構造を変える
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
マレーシアで開催された「健康的な年のとり方フェア」に参加
マレーシアとシンガポールの病院比較 その2
マレーシアとシンガポールの病院比較 その1
マレーシアの最低賃金
マレーシアと日本 医療・病院の違い
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシアの新卒看護師就職難問題
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック

====
==============================================================
マレーシア国内(特にクアラルンプール・ペナン)での現地視察をされたい方は
是非ご連絡ください。病院・介護施設・薬局・関連企業等のアポイント取得や
同行、業界専門用語に強い英語・マレー語の通訳等全て当社で手配します。
お問い合わせ先→enchu6★gmail.com (★を@に変えてください)
===================================================================  
livedoor プロフィール
記事検索
J-CASTニュース
ギャラリー
  • マレーシア初のジカ熱感染者確認、保健省
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • ドラッグストアにクリニック:イオンが国内初、地場大手と提携
  • ひばりクリニック、ペナンに分院
  • 増える精神疾患の患者数
  • ジフテリア患者は14人...
  • 手足口病が流行、保健省が警戒呼び掛け
  • 水について...
タグクラウド
  • ライブドアブログ