マレーシアの医療・クリニック・病院・医療ITブログ

マレーシアの医療情報・クリニック・病院・医療ITなどの情報を提供していきます。 マレーシアを中心に身近な医療情報や医療ITなどをブログで紹介していきます。 マレーシア医療情報サイトはこちら→http://www.owg-p.com/ 運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD http://www.owg.asia

マレーシアの医療情報・クリニック・病院情報・医療IT・医療インフラ構築などにご興味がある方や現在事業を展開されている方、今後マレーシアで事業展開を考えている方は是非お気軽にご連絡ください。
連絡先:E-mail info@owg-p.com 
マレーシア医療クリニック病院情報サービス 
http://www.owg-p.com/
運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD
http://www.owg.asia

ひばりクリニック

ひばりクリニック 仮設診療所のご案内

【仮設診療所のご案内について】

●仮設診療所
風邪症状(発熱、咳、くしゃみ、鼻水、のどの痛み)等のある患者様は、1モントキアラモールの屋外に設置された仮設診療所にてご対応させていただいております。

※Bakery cafe HACHI (八)さん横の入口付近です。メインエントランス以外の入口は閉鎖されており中からは通り抜けできません。建物の外側からお越し下さい。

●ショッピングモール内(クリニック)
上記の風邪症状以外の患者様はモール内のクリニックでご対応させていただいております。

お困りのことがございましたら、お気軽にご連絡ください。

【通常通り診察しております】
◆診療時間
午前診療 9:00~13:00
午後診療 14:00~17:00

◆開院日
毎日開院しております。(年中無休)

お困りのことがございましたら、お気軽にご連絡ください。

 03-6211-5919

◆無料ホットライン
 014-210-6098 (日本語のみ)



 03-6211-5919

◆無料ホットライン
 014-210-6098 (日本語のみ)

仮設診療所の場所は下記のURLを参考にしてください。

https://www.facebook.com/hibariclinic/videos/254778025536958/

62990

【無料ホットライン開設(明日20日より)】

hibari


ひばりクリニック モントキアラ hibari clinic mont kiara からのご案内

COVID19の感染拡大により、皆様ご不安な毎日をお過ごしのことと思います。
ひばりクリニックとして何か皆様のためにできることはないかと考え、この度、無料医療相談窓口を開設することにしました。
皆様のお悩み、お困りごとの解消を目的としておりますので、少しでもご不安なことがあればご連絡ください。

◆相談受付時間
月~日曜日
午前 9:00~13:00
午後 14:00~17:00

◆電話回線
? 014-210-6098 (日本語のみ)
※お電話が繋がりにくいかもしれませんが、予めご了承ください。
※お電話が繋がった順に対応させていただきます。

◆期間
COVID19が落ち着くまでの期間このホットラインを設置します。
したがって、COVID19が落ち着き次第、この無料ホットラインは終了します。

◆その他
※お一人様の相談時間の目安は5~10分とさせていただきます。
※状況によりホットラインを停止する場合もあります。その際にはFacebook等により告知いたします。

少しでも多くの方の相談に対応できるようにするためです。
ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
なお、通常のご予約は下記の電話で受付ております。

◇モントキアラ本院(年中無休)
【診療時間】9:00~13:00 14:00~17:00
【TEL】03-6211-5919

◇ペナン分院(木曜日休診)
【診療時間】9:00~13:00 14:00~18:00
【TEL】04-229-9111

◇IMC分院(土日祝日休診)
【診療時間】9:00~13:00 14:00~18:00
【TEL】03-2022-4919

◇パブリカ分院(土日祝日休診)
【診療時間】7:00~11:00 12:00~15:00
【TEL】03-6211-2266

KLで腸チフスが流行しているようです。



KLで腸チフスが流行しているようです。

Image009

http://www.themalaysianinsider.com/malaysia/article/typhoid-outbreak-in-kuala-lumpur

ちなみに腸チフスとは…



チフス菌によって起こる感染症です。ヒトのみに感染するため、ヒトの糞便に汚染された食品や水を摂取することによって感染(経口感染)するほか、患者や健康保菌者(ほとんどが胆嚢内保菌者)からの接触感染(手指から口へ)も起こり得ます。発生の様式として、海外渡航先での感染や家庭内、地域内での散発的な事例のほか、食中毒様の集団事例がみられることもあります。食べてから発症までの潜伏期間は約721日。途上国を中心に、毎年2000万人の感染した患者が発生し、約2030万人が死亡されています。抗菌薬によって治りますが、早期確定診断が必要です。



いわゆる胃腸炎の症状が少ない病気です。症状は、38℃以上の高熱で、朝に解熱し、夜に高熱になる熱のパターンが多く、頭痛、寒気、全身倦怠感、腰痛、背部痛があるのが特徴。意外に思われるかもしれませんが、下痢、食欲不振、吐き気、嘔吐といったいわゆる胃腸炎の症状が少ない病気です。


高熱が出ると脈拍数が速くなるのが普通ですが、腸チフスの場合、高熱の割には脈拍数が少なかったり、脈が乱れたりする症状も。脾臓がはれるなどの症状も見られます。



特徴的な発疹と薄い紅色の発疹(バラ疹)が胸、お腹、背中に出現し、高熱時に出現し、数時間で消えます。脳・髄膜炎が約5%あります。



治療法



腸チフスは、無治療であっても34週間で回復しますが、抗菌薬(ニューキノロン系)が最も効果的で、514日間内服することが勧められています。無治療の場合、約1520%で腸に穴が開いたり、腸が出血したりすることがあるためで、その場合、菌血症や腹膜炎で死に至ることもあるからです。一度、腸チフスにかかると抗体ができるので、しばらくかかることはありません。



腸チフスの予防法・予防接種



まずは、腸チフスの発生する地域では、水、生の食物を摂らないようにしましょう。加熱が不十分な場合に感染しやすくなるので、調理方法も大切です。腸チフスではワクチンがあり、欧米から途上国への旅行では、ワクチンが推奨されています。汚染地域に行く12週間前に、腸チフスワクチンを接種します。



腸チフスワクチン




経口生菌ワクチン(Ty21a)タイプ…接種対象は6歳以上。投与法は弱毒菌の入ったカプセルを、1カプセルを1日おきに34回服用注射用不活化ワクチン(Vi CPS)タイプ…接種対象は2歳以上。投与法は海外旅行2週間以上前に、10.5mlを筋肉内注射。チフス菌から病原性に関係する成分であるVi 多糖体を使ったワクチンですどちらのワクチンも副作用は少ないです。ただし、経口生菌ワクチンは副作用は少ないのですが、弱毒菌のため、妊婦及び免疫不全の人には接種できません。

注射用不活化ワクチンは、接種部位の腫れ、赤み、しこりで、たまに、発熱、頭痛、全身倦怠感があります。ワクチンの効果ですが、経口生菌ワクチンの場合は約5年持続し、注射用不活化ワクチンの場合、免疫力の獲得が約90%で、持続は約2年です。そのため、2年ごとの接種が勧められています。



info@owg-p.com
http://www.owg-p.com/

フェイスブックページはこちら 
http://www.facebook.com/MalaysiaMedical
https://www.facebook.com/?ref=logo#!/owg8888

マレーシアの医師免許をとるには?
マレーシアの生活習慣病
-海外勤務者のメンタルヘルス-
ヒトからヒトへは....うつりませんが治療薬もありません
こどもの発熱...これって知っていました?
マレーシア クアラルンプール モントキアラ ひばりクリニック肺に何らかの異常があるかもしれない?
マレーシア クアラルンプール 日本語対応のできるスタッフ・医師がいる医療施設は?

ひばりクリニックの内覧会に参加
ビジネス医療サービス バンコク

ひばりクリニックの開院


 


 


 


 


 


 


 


 


 

「ひばりクリニック」の開院記念パーティーに出席

一昨日、クアラルンプールのプリンスホテルで催された
「ひばりクリニック」の開院記念パーティーに出席させていただきました。



出席されていた方々は、日本大使館の方や主な日系企業、マレーシア企業のなど多くの方々が出席されていました。
顔見知りもちらほら...大盛況の様相でしたね。


rtebhy


確かに「日本式インターナショナルクリニック」というコンセプトが
反映されているようでした。

とても流暢な日本語で丁寧にクリニックの説明をしてくださった女性のローカルスタッフには驚かされました ...



DSC00412DSC00362


日本人スタッフの方も病気の相談や薬のことなどやや込み入った質問に対しても笑顔で親切にドクターを交えて対応してくれました。少々場違いではありましたが ...


開院はやはり6月22日だそうですが、
明日以降、もし必要であれば診療していただけるみたいです。
私は薬が切れてしまうので、お言葉に甘えさせていただいて...




info@owg-p.com
http://www.owg-p.com/

フェイスブックページはこちら 
http://www.facebook.com/MalaysiaMedical
https://www.facebook.com/?ref=logo#!/owg8888

マレーシアの医師免許をとるには?
マレーシアの生活習慣病
-海外勤務者のメンタルヘルス-
ヒトからヒトへは....うつりませんが治療薬もありません
こどもの発熱...これって知っていました?
マレーシア クアラルンプール モントキアラ ひばりクリニック肺に何らかの異常があるかもしれない?
マレーシア クアラルンプール 日本語対応のできるスタッフ・医師がいる医療施設は?

ひばりクリニックの内覧会に参加
ビジネス医療サービス バンコク

ひばりクリニックの開院



ひばりクリニックの開院

先日内覧会に参加したひばりクリニックの正式な開院日が告知されました。

正式開院日は622日だそうです。電話での相談はすでに受け付けているようです。



https://www.facebook.com/hibariclinic

ひばりクリニックの内覧会に参加
ビジネス医療サービス バンコク


プロフィール

OWG

記事検索
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
ギャラリー
  • ひばりクリニック 仮設診療所のご案内
  • 【無料ホットライン開設(明日20日より)】
  • マレーシア初のジカ熱感染者確認、保健省
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • ドラッグストアにクリニック:イオンが国内初、地場大手と提携
  • ひばりクリニック、ペナンに分院
  • 増える精神疾患の患者数
  • ジフテリア患者は14人...
タグクラウド
  • ライブドアブログ