マレーシアの医療・クリニック・病院・医療ITブログ

マレーシアの医療情報・クリニック・病院・医療ITなどの情報を提供していきます。 マレーシアを中心に身近な医療情報や医療ITなどをブログで紹介していきます。 マレーシア医療情報サイトはこちら→http://www.owg-p.com/ 運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD http://www.owg.asia

マレーシアの医療情報・クリニック・病院情報・医療IT・医療インフラ構築などにご興味がある方や現在事業を展開されている方、今後マレーシアで事業展開を考えている方は是非お気軽にご連絡ください。
連絡先:E-mail info@owg-p.com 
マレーシア医療クリニック病院情報サービス 
http://www.owg-p.com/
運営会社:Oriental Wellcare Group SDN.BHD
http://www.owg.asia

マレーシアの介護

日本型介護をマレーシアで 官民連携第1弾、アジア富裕層開拓

政府や介護企業が連携して日本型の介護サービスを今秋にもマレーシアで始める。官民で介護サービスをアジアに輸出する第1弾で、介護大手のメディカル・ケア・サービス(さいたま市)が施設を手掛ける。

運営に必要な資金を官民ファンドのクールジャパン機構が融資する。急速に高齢化が進むアジアで富裕層向けに日本型介護の需要を取り込む。

lgf01a201310281600


官民での介護輸出は自民党の特命委員会と政府の内閣官房の健康・医療戦略室が中心となって計画を進めている。第1弾としてメディカル・ケア・サービスがクアラルンプール郊外のペタリングジャヤに開く予定の有料老人ホームを支援する。資金を融資するほか、健康・医療戦略室が現地当局と交渉する。メディカル・ケア・サービスはさらに同じ都市で3~5施設を開業する方針だ。

健康・医療戦略室は経済連携協定(EPA)で介護人材を日本に送っているフィリピンやインドネシア、ベトナムなどのほか中国やタイなどにも進出を想定している。日本での介護経験を持つ人材が自国の日本型の介護施設で経営に参画してもらう考えだ。現地に研修施設もつくり、官民で資金を出す。2017年にもマレーシア以外に進出国を増やす。

アジアでは高齢化が急速に進んでおり、35年には人口が約22億人になり高齢化率は約20%になる見通しだ。アジアの高齢者関連市場は潜在的に約1800兆円に膨らむとの推計もある。日本型の介護施設を増やすことで、介護ロボットなどの先端技術を利用した介護サービスもアジアで普及させたい考えだ。

日本経済新聞2016/5/31

IHHヘルスケア、北海道の老人ホームを買収

IHHヘルスケア、北海道の老人ホームを買収

 

マレーシアの病院経営大手IHHヘルスケアは24日、傘下の特定目的会社(SPV)パークウエー・ライフ・ジャパン4を通じて、北海道の老人ホーム「シルバーハイツ羊ヶ丘1・2番館」(札幌市、123室)を買収する匿名組合契約を結んだと発表した。IHHは、日本の「合同会社サムライ10(GKS10)」との間で契約を結んだ。シルバーハイツ羊ヶ丘1・2番館の運営主体はシルバーハイツ札幌。買収額は約11億円としている。IHHは昨年1~3月(第1四半期)にもパークウエー・ライフ・ジャパン4を通じて、福岡県、愛知県、北海道の老人ホームなど5カ所に出資している。パークウエー・ライフ・ジャパン4は、IHHが35.74%を出資するシンガポールの不動産投資信託(REIT)、パークウエー・ライフ・リアル・エステート・インベストメント・トラスト(PライフREIT)の子会社。 2016/03/28

Image003


IHH、ブルガリアで徳洲会の病院買収


マレーシアの病院経営大手IHHヘルスケアのトルコ子会社、アジバデム・サグリク・ヤティリムラリ・ホールディングスは21日、日本の徳洲会グループが東欧ブルガリアの首都ソフィアで運営する「ソフィア徳田病院」(ベッド数1,016床)を完全買収すると発表した。IHHは、ブルガリア最大の私立病院の経営母体になる。買収額は6,500万ユーロ(約806,790万円)。IHHは同時に、ブルガリアの病院大手シティ・クリニックの株式3分の1を1,097万ユーロで取得して、ソフィア徳田病院と合併する。合併後の名称は「アジバデム・シティ・クリニック」になり、IHHは全株式の76.5%を保有し、残り23.5%は、シティ・クリニックの共同経営者が引き続き保有する。IHHは今回の買収を機に、さらなる欧州展開を進める意欲を示した。 2016/04/22

 

NNA.ASIAより

IHHIntegrated Healthcare Holdings Bhd

 

ダイエット開始しました...

ここマレーシアで糖尿病患者数が増加してきています。

政府の最新調査によると、同国の30歳以上の糖尿病患者数は2006年の150万人から11年に250万人に急増、20年には450万人に達する可能性があるといいます。

同国のスブラマニアム保健相は、患者の若年化が進んでおり、労働生産性の低下を招くなど経済に影響が出る恐れがあるとの懸念を表明しています。

「体質もあるが、食生活によるところも大きい。職業が、従来に比べて体を動かさない仕事へと移行しているのも要因だ」と述べ、食生活や生活習慣について注意を呼びかけています。



overweight-populations



マレーシア国内の糖尿病患者の割合を年齢別でみると...

30
34歳が06年の4.9%から11年には9.4%に上昇
35
39歳では6.4%から10.9%
40
44歳は10.3%から17.6%
45
49歳でも15%から20.6%となり、働き盛りの世代で患者数が大幅に増加しています。

そもそも、糖尿病は体質にもよりますが、食生活や置かれた環境に大きな影響を受けます。日本とは異なる食文化や食材、使用する調味料、糖分の量など...

小さなことですが、長い時間が経過するにつれ体や健康にも影響を及ぼしかねません。

環境も影響します。日本と異なり高温多湿の環境では、飲酒の量も増えますし、ダイエットのための運動も積極的にはなれませんね...

さすがに日本の8月の真夏日にジョギングをする気にはなりません。
ビールはおいしいですが....

また、厄介なことに糖尿病は病気がかなり進行するまで症状が出現しないという点です。

つまり症状が出始めた時点でかなり進行している可能性があるというわけです。

マレーシアの事だから関係ないな...

ではなく、置かれた環境に影響されますので、他人事ではないというわけです...

メタボ検診(※)を受けて...結果を見て...(汗)

というわけで、私はダイエットを始めました。


info@owg-p.com
http://www.owg-p.com/

フェイスブックページはこちら 
http://www.facebook.com/MalaysiaMedical
https://www.facebook.com/?ref=logo#!/owg8888

いよいよ進出!日系企業がマレーシアで認知症対応の老人ホームを開設

本日の日本経済新聞の朝刊で取り上げられています。
いよいよマレーシア・クアラルンプールに日本企業が経営する介護施設ができそうです。
詳しくは下記をご覧ください。

マレーシアの日系医療機関
モントキアラ ひばりクリニック ひばりクリニックの内覧会に参加
ホームぺージ  http://www.hibaricl.com/
FBページ    https://www.facebook.com/hibariclinic
 ===================================================================
   私のブログは「ブログランキング」に参加しています。下記の3つのバナーを
  クリックしていただけるとこのブログがランキング上位に上がります。
  是非クリックして応援してください!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ                 
===================================================================
フェイスブックページはこちら http://www.facebook.com/MalaysiaMedical 
ツイッターページはこちら  http://twitter.com/MalaysiaMedical

過去の記事はコチラ↓
本日からマレーシアの私立病院の診察料が値上げされました。
明日から断水開始!クアラルンプールの病院医師から聞いた水不足状況
本日(2/18)のマレーシア大手新聞の一面は「日本の大雪」
マレーシア・クアラルンプールの病院で健康診断を受けたら・・・
ジェトロが主催するセミナーでマレーシアの病院・介護施設の現状について講演させていただきました。

マレーシアに住む日本人が2万人を突破!
マレーシアの医療・病院に関する情報サイトを開設しました。
マレーシア病院大手による老人ホーム建設。国内2ヵ所で設立予定
日本と違う!マレーシアの救急車/病院電話番号一覧付
祝!マレーシアが「移住したい国」7年連続No.1に
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その3
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その2
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その1
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その4
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その3
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その2
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その1
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシアの新卒看護師就職難問題 

マレーシア病院大手による老人ホーム建設。国内2ヵ所で設立予定

以前、「マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明」という記事を書きましたが、その続報が今月Bernama社という現地報道機関によりスクープされていました。

今回の報道によると、KPJ側の計画は以前のものから少し変わっているようで、KL市内のKPJ Tawakkal 病院の旧施設を改装して老人ホームにするとのこと。予定では2014年完成としていますが、まだマレーシアの厚生労働省にあたる保健省から承認をもらえていないようです。

彼らは、完全に自立している方、つまり日本でいう介護度が重くない方をターゲット顧客にする方針で、富裕層向け高齢者住宅のようなものができるのではないかと思います。

(注意:下記は現在のKPJ Tawakkal 病院)
DSC07456

















DSC07465

















KPJは2010年にオーストラリアで退職者向けリゾート施設を運営しているジェタガーデンズ(JetaGardens)という企業を買収していて、その会社のノウハウを利用して今後老人ホーム事業を展開していくようです。2016年にジョホールに施設を完成させることも公表しており、かなり本格的に動き始めました。

ジョホールは、現在イスカンダルプロジェクトという政府主導の大規模開発エリアとなっていて、世界から注目されています。ジョホールはシンガポールから車で数十分の場所にあるため、物価や家賃が日本並みで家計が苦しいシンガポール人高齢者は確実にターゲットになってくるでしょう。

引き続き新しい情報が入り次第、このブログに書かせていただきます。

===================================================================
   私のブログは「ブログランキング」に参加しています。下記の3つのバナーを
  クリックしていただけるとこのブログがランキング上位に上がります。
  是非クリックして応援してください!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ                 
===================================================================
フェイスブックページはこちら http://www.facebook.com/MalaysiaMedical 
ツイッターページはこちら  http://twitter.com/MalaysiaMedical

過去の記事はコチラ↓
日本と違う!マレーシアの救急車/病院電話番号一覧付
祝!マレーシアが「移住したい国」7年連続No.1に
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その3
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その2
マレーシア政府・病院を招いたアジア国際医療交流シンポジウム開催@福岡 その1
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その4
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その3
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その2
クアラルンプール日本人会での「暮らしの専科」勉強会 その1
マレーシアの医薬品・製薬・調剤・OTC・薬局調査視察アテンドで感じたこと
マレーシア・インドネシアの高齢化と日系介護老人ホームについて
なぜマレーシア人は親日なのか?
ペナン島の病院に聞いた医療ツーリズムの驚くべき実態
マレーシア現地視察アテンド報告と病院設立の外資規制緩和について
2011年のMM2Hビザ取得者は日本人が首位
台湾の医療・介護・健康イベントへ出席
マレーシアで働く外国人看護師(各国の人数比較)
マレーシア・クアラルンプール高級老人ホーム設立速報

マレーシアの携帯電話事情(特にスマホについて)
マレーシア病院大手KPJヘルスケアグループが老人ホーム開設表明
マレーシアのメディカルツーリズム(医療ツーリズム・医療観光)とMM2H
マレーシアのIT環境(検索エンジン・SNSのシェア)
マレーシア人の介護事情 
マレーシアの医療ツーリズム外国人別売上
マレーシアの医療業界・医療機器・医薬品市場規模
昨年のマレーシアの医療ツーリズム収入は約137億円
マレーシアと日本の医療費比較
シンガポール医療・介護 今後5年間の政策
書籍「マレーの虎 ハリマオ伝説」
マレーシアの新卒看護師就職難問題 
マレーシア モントキアラ ひばりクリニック
livedoor プロフィール
記事検索
J-CASTニュース
ギャラリー
  • マレーシア初のジカ熱感染者確認、保健省
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • 「Introduction to Abdominal Ultrasound workshop」が開催されました。
  • ドラッグストアにクリニック:イオンが国内初、地場大手と提携
  • ひばりクリニック、ペナンに分院
  • 増える精神疾患の患者数
  • ジフテリア患者は14人...
  • 手足口病が流行、保健省が警戒呼び掛け
  • 水について...
タグクラウド
  • ライブドアブログ